こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN POP/ROCK――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/岡村詩野、加藤直子、金子厚武、土田真弓

 

mmm 『ほーひ』 kiti

見汐麻衣とのアニス&ラカンカでもアルバムを発表し、oono yuukiバンドの一員としても活動するなど、各所で活躍した彼女。一見ほのぼのとしているようで、歌詞に毒気を孕んだユーモラスな歌世界は、引き続き女性シンガー・ソングライター勢が良質な作品を発表した2012年でも際立っていた。*岡村

 

平賀さち枝 『23歳』 kiti

江の島や目黒川といった場所の風景に、淋しさや切なさなど自身の心の声をさりげなく練り込ませるシンガー・ソングライター。クセがなく押し付けがましさもない、その〈普通っぽさ〉が人気を集めた。ショピンやSAKEROCK、グッドラックヘイワ周辺の仲間たちによるサポートもナイス。*岡村

 

伊集院幸希 『憐情のメロディ』 HOTWAX

リズム&ブルースやソウルを独自に解釈した曲を歌いこなす力量もそうだが、昔の加賀まりこや安井かずみを思わせる、粋でちょっとワルな大人のオンナの色香にKOされた人も多いはず。妖しげな歌声はもとより、私生活が見えにくいミステリアスな雰囲気はいまどき貴重な存在だ。*岡村

 

bomi 『メニー・ア・マール』 コロムビア

昨年からミニ・アルバムを3枚立て続け、ついに発表したこのフル作で〈これぞbomi!〉なサウンドが明確になった。海外のインディー・ロックと親和性のある、程良く尖ったおきゃんなポップスで、おしゃれ&エッジーな女子シンガーという立ち位置も確立。2013年のさらなる飛躍に期待! *加藤

 

小南泰葉 『嘘憑キズム』 EMI Music Japan

サウンドや声質から、椎名林檎の系譜を感じさせるシンガー・ソングライター。2012年はミニ・アルバムを連発し、〈サマソニ〉などフェスにも出演するなど大いに活躍した。自身の壮絶な体験が表現の中心にある独特な毒を込めた歌詞も、悩めるリスナーの救いへと作用したようだ。*加藤

 

赤い公園 『ランドリーで漂白を』 EMI Music Japan

群雄割拠のガールズ・バンド勢のなかにあって、クラシックを下地にした構築的な楽曲をあくまでキャッチーに、悪ノリにも近い破天荒さで鳴らした彼女たちの存在は、ひときわ目立っていた。津野米咲の体調不良で現在は活動休止中だが、早期の復活に期待したい。*金子

 

禁断の多数決 『はじめにアイがあった』 AWDR/ LR2

素性を明かさず投稿され続けたDIYな映像作品で注目度を上げてきた音楽集団。トライバル・ビートやシンセウェイヴなど海外インディー好きと2012年らしさを詰め込んだ本作でついにヴェールを脱いだが、マイペースな活動は相変わらず。自作MVはいまも次々と公開中だ。*土田

 

後藤まりこ 『299792458』 DefSTAR

ミドリの突然の解散から1年半を経て、ソロとして本格復帰を果たした後藤は、この初作でアイドル・ポップさながらの危なっかしくもキュートな魅力を全開にした。千住宗臣やAxSxEら凄腕のバックアップを受けたガーリーな歌は、彼女がこれまで見せたくても見せられなかった本音? *岡村

 

清竜人 『MUSIC』 EMI Music Japan

どうしちゃったんだよ〜!と彼の肩を掴んで揺らしたくなった。アニメやゲーム界隈の作家陣に編曲を託し、堀江由衣ら声優陣と萌えな掛け合いを見せ、ミュージカルを音盤化したような作風で人々の度肝を抜いた。もともと根っこに持っていたものとはいえ、突き抜けまくった変身ぶり。*加藤

 

七尾旅人 『リトルメロディ』 felicity

震災後の活動が何かと話題になっているし、原発事故以降の福島を訪れて誕生した“圏内の歌”なども収録されているが、何より楽曲自体がポップで開かれているのがいまの七尾旅人の魅力。大衆音楽家として、誰とでも繋がり、手を差しのべ合おうとする姿勢が多くの人の胸を打った。*岡村

 

トクマルシューゴ 『In Focus?』 Pヴァイン

徹底して一人で制作を行い、その妥協を許さない主張がついに頂点を極めたのが本作だ。作業工程は職人並みの細かさで孤高な印象だが、一方で2012年も仲間アーティストを招いた自主イヴェントを主催。音楽を共有する場は和気藹々と作り上げるという柔軟な姿勢がいい。*岡村

 

倉内太と彼のクラスメイト 『くりかえして そうなる』 DECKREC

〈世田谷のジョナサン・リッチマン〉なる異名も手伝って話題を呼んだ彼。ワルにもクールにもなれない自分を自虐的に歌にする、ギター漫談風の弾き語りライヴも人気だ。オルタナ系フォークではあるが、友部正人〜真島昌利などの流れを受け継ぐ期待の新人! *岡村

 

AFRAに曽我部 『listen 2 my ❤ beat』 DefSTAR

〈パパ友〉的な出会いを通じてユニット結成に至ったという、この2人のコラボは意外だった。ヒューマン・ビートボクサーとシンガーがどんな曲を?と思えば、“Ob La Di, Ob La Da”をはじめ、子供も楽しめる楽しくて優しいカヴァーの数々。もっとおもしろくなりそうな予感! *加藤

 

インタビュー