こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN POP/ROCK――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/岡村詩野、加藤直子、金子厚武、土田真弓

 

矢沢永吉 『Last Song』 GARURU

キャロル時代から数えて活動40周年を迎えた矢沢。勘繰りたくもなる意味深な表題でリリース前から世間をざわつかせたが、最後になってもいいくらい全精力を傾けた作品……という意味だったのだろう。後輩バンドを引き連れてのスタジアム・ライヴも成功させ、まだ終わるわけには! *加藤

 

STARDUST REVUE 『B.O.N.D.』 インペリアル

さいたまスーパーアリーナでデビュー30周年記念イヴェントを開催するなど、変わらぬ根強い人気を証明した彼ら。30年に渡ってコンスタントに作品を発表し続けているのも驚きで、シティー・ポップ/AOR再評価の機運が高まるなか、ぜひ触れてほしい日本の宝と言える。*岡村

 

WUJA BIN BIN 『WUJA BIN BIN』 BETRAYAL

元BEAT CRUSADERSのケイタイモが音頭を取った、ホーンズも交えた総勢13名の大所帯バンド。プログレもブラジル音楽もファンクもふんわりと包み込んだ祝祭感溢れる楽曲で、かなり異彩を放っていた。野外向きのバンドなので、次の夏はぜひフェスで! *加藤

 

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 『桜富士山』 Pヴァイン

地元関西から全国区へ。それに伴ってジャズや歌謡曲、ロックンロールなどをミックスさせた演奏の幅もグンと広がり、リーダーの奇妙礼太郎はシナトラばりの歌を聴かせるようになった。この大所帯バンドにとって向かうところ敵なしな飛躍の年だったと言えそう。*岡村

 

チャラン・ポ・ランタン 『つがいの歯車』 Mastard

〈フジロック〉やEテレの子供番組への出演で名を広めたヴォーカルとアコーディオン編成の姉妹デュオは、哀愁のバルカン・サウンドと女の情を匂わせるパンチの効いた歌声で、若さに似合わぬ音世界を構築。現在は妹のももが20歳になるまでの3部作をリリース中。*土田

 

KONCOS 『ピアノフォルテ』 SUNNY CLUB

2011年のRiddim Saunter解散後、田中啓史がソロで始動し、浜田将充がQUATTROに加入、そして古川太一と佐藤寛によるこのユニットが初作を発表と、各々の動きが俄に慌ただしくなった2012年。特に、ピアノ&ギターを主体にする本作の洗練を極めた小粋さには、心底唸らされた。*加藤

 

GREAT3 『GREAT3』 EMI Music Japan

8年の歳月を経て5月に活動を再開し、〈サマソニ〉への出演をはじめ大きな舞台でさっそく復活をアピールした彼ら。ベーシストは若干22歳のjanに交替し、この作品では弾き語り曲を披露するなど新しい風を取り込んだ。なお、片寄明人は本作の発表と同時に愛妻とのデュオ作もリリース! *加藤

 

ペトロールズ 『Problems』 enndisc

元・東京事変の長岡亮介を中心とするトリオが放った初の全国流通作品。ソウルやファンクなどをマニアックな解釈に陥ることなくポップに提示し、3人ながら柔軟で自在なアレンジ力を活かした演奏は、かつてのオリジナル・ラブのような華やかさと熱気を持っていてワクワクさせられた。*岡村

 

group_inou 『DAY』 GAL

誰にも寄りかからず、どこにも属さず、ひたすら自身の武器を磨き続けてきた2人の存在感は、本作でいよいよオーヴァーグラウンドの域へ。時流のシンセ・ポップとは一線を画す彼らならではのエレクトロニック・ミュージックを、サイケデリックに日常を描いたリリックと共に飄々と鳴らした。*金子

 

Galileo Galilei 『PORTAL』 ソニー

地元・北海道に自身のスタジオを構えて制作された本作は、まさに脱皮の一枚。それまでの蒼いギター・ロック路線に煌びやかなシンセを纏わせたサウンドは、海外インディーともリンクするもの。さよポニやポップ・エトセトラ作品への参加も含め、新章への突入を印象づけた。*土田

 

QUATTRO 『4』 Niw!

ロックンロール・リヴァイヴァルやトロピカルなインディー・ポップといった海外のブームと共振してきた彼ら。メンバー交代を経た本作では、日本語詞にも初挑戦するなどで独自のオリジナリティーの獲得に踏み出した。メロウなテイストが印象的なミニ・アルバム『Capital』も素晴らしい出来。*金子

 

andymori 『光』 Youth

自然災害や外交問題などで揺れる不安定な社会状況のなか、〈光〉を求める人も少なくなかっただろう2012年に、そのワンテーマでアルバム一枚を作り上げた彼らの瞬発力たるや。〈近くにいる誰かを励ましたい〉というシンプルな思いに貫かれたダイレクトな言葉とフォーキーな美メロが胸に響いた。*金子

 

Heavenstamp 『HEAVENSTAMP』 ワーナー

ラッセル・リサック(ブロック・パーティ)らの助力を得て放ってきたオリジナル4曲+リミックス3曲という形態の4枚のEPを経た初フル作。ディスコ・パンクとシューゲイザーを機軸とした洋楽志向の強い音楽性で、J-Popシーンのど真ん中へと斬り込んでみせた。*土田

 

インタビュー