こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

JAPAN POP/ROCK――(4)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/加藤直子、金子厚武、土田真弓

 

ART-SCHOOL 『BABY ACID BABY』 キューン

スティーヴ・アルビニが所有するシカゴのスタジオ〈エレクトリカル・オーディオ〉で録音を敢行し、新体制での力強い一歩を踏み出した一枚。中尾憲太郎と藤田勇というハードコアなリズム隊をサポートに迎え、彼らは日本有数のオルタナ・バンドであることを証明した。*金子

 

Nothing's Carved In Stone 『Silver Sun』 エピック

フレージングも音色も自由度の高いポスト〜マス・ロックをエモーショナルに鳴らす手練れの4人組は、メジャー移籍にも力むことなくリリースを連発。初作をいまのスキルで鳴らしたかの如き本作をはじめ、独自性のアップデートは2013年もまだまだ続きそうだ。*土田

 

The SALOVERS 『珍文完聞-Chin Bung Kan Bung-』 EMI Music Japan

粗削りなギター・ロックを鳴らしていた彼らが弾き語りやインストにもチャレンジし、確かな成長を刻んだメジャー・デビュー作。フックの効いたソングライティングやロマン溢れる歌詞などその才能は申し分ないが、まだまだ物語は始まったばかり。*金子

 

Wienners 『UTOPIA』 wns

でんぱ組.incに提供した“でんぱれーどJAPAN”で活動の幅を広げた2012年の彼ら。音楽愛に裏打ちされた雑食性の高いポップな楽曲と、ハードコア畑出身ならではのライヴ運びの上手さでアイドルとの共演もこなし、その経験を投影した2作目では大きな飛躍を遂げた。*金子

 

SNAKE ON THE BEACH 『DEAR ROCKERS』 ユニバーサル

チバユウスケのソロ・プロジェクトによる初作は、彼の楽曲にインスパイアされて作られたという映画「赤い季節」のサントラとしても機能。ちなみに、2012年はチバにとって映画と縁のある年で、「I'M FLASH」では中村達也らとバンドを結成し、主題歌を担当した。*加藤

 

BUCK-TICK 『夢見る宇宙』 Lingua Sounda

2012年にデビュー25周年を迎えた不動の5人組は、自前の妖艶ロックを更新した本作からトリビュート盤まで精力的なリリース攻勢を重ねたうえ、フェスの主催など休む間もない動きを見せた。さらに2013年には、彼らのこれまでの活動を集約したと思しき映画も劇場公開予定! *土田

 

ZAZEN BOYS 『すとーりーず』 MATSURI STUDIO

キャリア最長となる4年のブランクで届いた本作は、打ち込みを駆使してダンス・ミュージックに接近した前作から一転、独自のアンサンブルを突き詰めたバンド回帰作に。落語家の立川志らくをモチーフにしたジャケットも含め、彼らならではのセンスはやはり健在だった。*金子

 

くるり 『坩堝の電圧(るつぼのぼるつ)』 スピードスター

新体制の初作にして記念すべき10枚目のオリジナル作は、全19曲というヴォリュームで表題通りの坩堝的なエネルギーが渦巻く強烈な一枚に。震災や原発事故に対するリアクションも多く含み、社会の鏡としてのポップ・ミュージックの役割もまっとうしたと言える。*金子

 

People In The Box 『Ave Materia』 クラウン

エモ〜ポスト・ロック以降のバンドというイメージもいまは昔。アコギの重用による音楽的な自由度の解放が、寓意的かつ示唆に富んだ言葉の魅力をより引き立てている。それでいて、アウトプットはあくまで親しみやすいポップ・ミュージックというのがすごかった。*金子

 

雅-MIYAVI- 『SAMURAI SESSIONS vol.1』 EMI Music Japan

スラップ・ベースと三味線を組み合わせたような独自の奏法により、〈サムライ・ギタリスト〉として一躍世界中の注目の的に。KREVAや細美武士らとの対戦型コラボを繰り広げた本作を経て、2013年にめざすは音楽シーンの天下統一と言ったところか。*金子

 

MAN WITH A MISSION 『MASH UP THE WORLD』 クラウン

オオカミ頭の5人組(?)は、メロディアスなラウド・ロック+煌びやかなシンセ・サウンドであっという間にリスナー層を拡大。大量の夏フェスや仏〈Japan Expo〉出演など各方面から引っ張りだこの勢いに乗って、2013年は武道館公演の開催も決定! *土田

 

Fear, and Loathing in Las Vegas 『All That We Have Now』 バップ

相変わらず人気の高い若手ラウド・シーン。なかでも頭ひとつリードしているのがONE OK ROCKだとすると、そこに追いつかんと猛攻を見せるのが↑と彼らだろう。被りものには頼らないぜと(?)、この2作目も前作を超えるレイヴィーぶりで攻めた。*加藤

 

Ken Yokoyama 『Best Wishes』 PIZZA OF DEATH

震災を機にハイスタを再始動させ、仙台で復活後2度目の〈AIR JAM〉を開催するなど、〈3.11〉以降の動きが精力的な彼。震災の影響下にある作品が多く見られたのも2012年の特徴と言えるが、本作は音こそKEN節なものの、歌詞へ落とし込まれたその色はかなり濃い。*加藤

 

インタビュー