こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

活動の場を広げるボカロP

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

文/土田真弓

 

初音ミクが生誕5周年を迎え、ボーカロイドという〈歌い手〉の存在が完全に一般化した2012年、その浸透を支えてきたボカロPたちの動きはボカロ仕事に止まらない広がりを見せた。例えば、レイヴィーなエレクトロ・サウンドで人気の八王子Pは、元気ロケッツや吉川友、吉木りさらJ-Popメインストリームでのプロデュース仕事に着手。また自身がヴォーカルを取った例としては、一癖も二癖もあるロック・アルバムを提示したハチこと米津玄師や、ポスト・ロックな作風で名のある女性ヴォーカリストを毎回招いている古川本舗、弾き語り作品を披露したナノウらがおり、ファンタスティックなコンセプト作を上梓したsasakure.UKは、シンガーを擁するバンドの有形ランペイジを立ち上げてもいる。それとは逆に、非常階段やニューロティカ、菊池成孔、小室哲哉らのキャリア組から禁断の多数決や虚弱。などの新人まで、シーン外の面々がボカロを起用する例は増えており……今後は出自によって音楽を分類する行為はますます意味をなくしていきそうだ。

 

▼関連盤を紹介。

左から、八王子P『electric love』(ソニー)、米津玄師『diorama』(BALLOOM)、sasakure.UK『幻実アイソーポス』(JOINT /U/M/A/A)

インタビュー