こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

シティー・ポップ/AORの波

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

文/岡村詩野

 

かせきさいだぁが『ミスターシティポップ』と表題から声高に叫んだのをはじめ、都会的なポップスを追求した一十三十一や土岐麻子、フリーAORな(((さらうんど)))、ジャケからパロディー感満載だったヒダカトオルとフェッドミュージック——さらに山下達郎や角松敏生らヴェテラン勢のベスト盤がヒットするなど、シティー・ポップ/AORというワードが多く躍った2012年。それ系のフレイヴァーの曲を作品に忍ばせたものも含めるとかなりの数になる。この動きは、不景気からの脱却の願いを、バブル時代の象徴でもある80年代風シティー・ポップからアーティストやリスナーが感じ取ろうとしたため……というのは飛躍しすぎ?

 

▼関連盤を紹介。

左から、かせきさいだあ『ミスターシティポップ』(AWDR/LR2)、ヒダカトオルとフェッドミュージック『REPLICA』(KISS FACTORY)

インタビュー