こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ベッドルーム・ポップ

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

文/加藤直子

 

〈ベッドルーム・ポップ〉の定義は人それぞれだろうが、2012年に活躍した、特に女性アーティストの多くに〈家の中感〉があったのは確か。壁に向かって体育座りして聴きたくなる、メロウで内向きな世界観を提示した転校生やハルカトミユキ、そしてムズ痒い心の葛藤や移ろいをふんわりラップに映した泉まくらはジャケからして自室だった。また曲調に闇はないものの、恋と性を赤裸々に押し出して女子の本質を晒したさめざめも——一応セックスする場所はベッドルームだしってことで!

 

▼関連盤を紹介。

左から、転校生『転校生』(EASEL)、ハルカトミユキ『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』(H+M)、さめざめ『スカートの中は宇宙』(samezame)

インタビュー