こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ポスト相対性理論

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

文/土田真弓

 

ロリ声と摩訶不思議な言語感覚を持つ女子をフロントに据えていて、二次元文化やインターネットとの親和性が高くて……など、相対性理論を巡るタグのうちのすべて、あるいはいくつかが符合するアクトがシーンでも一般化した2012年。とはいえ、〈ポスト〉とひとくちに言っても銀盤から感じ取れる知性や音楽性はさまざまだ。例えば、メジャー移籍後2枚のミニ・アルバムを発表した宇宙人はシュールな詞世界をプログレやクラウト・ロック風のサウンドで増幅し、フレネシはエスプリの効いたオリエンタルなテクノ・ポップでファンシーな乙女感を体現。他にも別掲のパスピエや禁断の多数決、カラスは真っ白らが挙げられるので、聴き比べも楽しいかと。

 

▼関連盤を紹介。

左から、宇宙人『慟哭』(スターチャイルド)、フレネシ『ゲンダイ』(乙女音楽研究社)

インタビュー