こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ZOKKON OF THE YEAR――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

文・ディスクガイド/出嶌孝次

 

オフィスが移転して通勤時間が倍になったのでアルバムをよく聴くようになりました、というのは私事ですが、前年のシングル隆盛の成果が集約されるというサイクルの妙もあって、良いアルバムが多かった……と振り返っている人も多いんじゃないでしょうか。このページ以外に別掲している良作群は言わずもがな、prediaやAeLL.、吉川友の初作などなどは、普通に最新型J-Popの一形態として認知されていいんじゃないでしょうか、と思えるほどのものでしたし、そこで特殊な音楽のように扱うのが果たして受け手にどのような印象を与えるのだろうなどと、ふと考え込んでしまったりしてしまったり。

とはいえ、普通におもしろい作品がドドッと続いたので、店頭リリースされているものに追いつくだけで普通に楽しかったというのが実態です。昨年の特集では〈来年は類型的なメジャー感に背を向けた動きにも期待したい〉とか書いてたら徐々に〈アイドルの枠を超えた〉という逸脱ウリが多くなってる気もするので、引き続き軸となる〈王道っぽさ〉の確立に期待しながら、言葉遊びのレヴェルじゃなく〈枠〉を押し広げるような動きに期待したいです。あと、そろそろ男たちの企画もやってみたいのですが……。

 

1. LinQ 『さくら果実/Sakura物語』 T-Palette

別掲のアルバムが最強なのは言うまでもなく、ZOKKON度が高かったのはこの曲……というか、グループの特性を説明要らずでまるっとパッケージしたこのシングルでしょう。Ladyチームの儚い美しさが現れたアルバム未収の幽玄ドラムン“Sakura物語”こそが2012年のNo.1であります。

 

2. 私立恵比寿中学 “仮契約のシンデレラ” DefSTAR

メジャーとの仮契約というギミックに始まって盛り上がりをヒートアップさせていった2012年のエビ中。学芸会ノリを正統派のポップ・フィーリングで体現した恐るべき名曲を看板に、MXジャンプを誘うラウド・チューン、諸々のカップリングまでどれも総員の熱を感じる質の高さ!

 

3. ライムベリー “HEY! BROTHER” Aries

usa☆usa少女倶楽部の派生ユニットにあたる、2011年結成のラップ・アイドル4人組。噂が噂を呼びまくるタイミングで登場したこの一般流通シングルは、オールド・スクールな掛け合いも踏まえたライヴ音源が強力に激アツでした。T-Palette参加後のリリースはどうなるのでしょう?

 

4. いずこねこ 『最後の猫工場』 silencio sounds

時代が違えばもう少し別の脚光を浴びていたに違いない大阪の猫。電子音とアコースティックな音色がさまざまなテンポで入り交じってにゃんにゃんにゃんで引っ掻き回すアーティスティック&楽しい唯一無二の世界。1月には『ROOM EP』の全国リリースも控えています。

 

5. アップアップガールズ(仮) 『UPPER ROCK/イチバンガールズ!』 UPFRONT

猛烈な上昇ぶりでリリース・ラッシュを展開した7人ですが、なかでもmichitomoはバキバキなEDMに仕立てた“UPPER ROCK”は、どんどん外へ向かうエナジーを体現するカッコイイ出来でスクリーム必至! 1月にはアルバムだって!?

 

6. S-Qty 『O・P・Q・R・S-Qty!!』 On-do

岡山のグループによるこの初作は予想以上の大収穫でした。デビュー曲“チャンスの神様”から岡山弁でのぼっけえチューン“BOKKE! OKAYAMA!!”、CANDLESのリミックスまで、なかなかチェックしきれない人にはやはりアルバムが出るのは嬉しいもんですね。

 

7. ひめキュンフルーツ缶 『恋愛ミラクル!!』 MAD MAGAZINE/DUKE

2012年にはこの愛媛のグループも初めてのアルバムを届けてくれました。シングルを網羅するだけでなく、情熱的な歌謡性とロッキッシュなアレンジの新曲も贅沢に満載。妹分であるnanoCUNEの全国リリースもバッチリでしたね。

 

8. Dorothy Little Happy “風よはやく” avex trax

リメイク盤の『デモサヨナラ2012』を皮切りに、2012年もリリースを重ねた仙台の5人組。その後2枚のシングルを経て放ったこの冬っぽい遠距離恋愛ソングは、とびきりビューティフルで可憐なテクノ・ポップに仕上がっていてとにかく素晴らしかったです。

 

9. RYUTist 『RYUTist!〜新しいHOME〜』 RYUTO

新潟市は古町を拠点に定期公演を行う彼女たちも満を持してシングルの一般流通をスタートしました。DJ Meguのセットリストにも入る“夏の魔法”、屈託のないテクノ・ポップ“ラリリレル”といった佳曲揃い。メンバー卒業を経て、次の姿も見せてほしいですね。

 

10. リル・クミン “意味深スパイシン” SURE SHOT

「リアル系アイドル図鑑」主催のオーディションから誕生したトリオ。2枚のシングルをリリースしたうちではこのデビュー作がやはり衝撃でした。カップリングの“どうしよう?”も含め、浅田祐介によるちょっとヒネった意匠が拙い歌と絶妙にハマってる!

 

インタビュー