こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

RECYCLE――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月16日 17:59

更新: 2013年01月16日 17:59

ソース: bounce 351号(2012年12月25日発行号)

ディスクガイド/内本順一、岡本大輔、加藤直子、澤田大輔、土田真弓、山西絵美

 

THE LITTLE WILLIES 『For The Good Times』 Milking Bull

1回きりのお遊びカントリー・バンドかと思いきや、6年ぶりにまさかの2作目を発表。息の合ったノラとリチャードの歌のみならず、ジムのギターの個性もさらなるものに。選曲の幅も広げて楽しませてくれた。*内本

 

KASHIEF LINDO 『A Reggae Tribute To Michael Jackson』 Heavy Boat

過去にも再三MJソングを披露してきた彼が、父ウィリーの指揮のもとジャクソン5から『Invincible』収録曲までを甘い高音声でカヴァー。ラストで聴ける“Never Can Say Goodbye”に熱い思いを汲み取りました。*山西

 

EASY STAR ALL-STARS 『Easy Star's Thrillah』 Easy Star

発表から30年を迎えた『Thriller』を再解釈。クロスオーヴァーを図った原作に敬意を払うように、レゲエの名フレーズを忍ばせたり、アフロ・ファンク色を出したり。ワンドロップを敷いただけじゃない凝った作りに惚れた。*山西

 

『A Tribute To Caetano Veloso』 Emarcy

御大の生誕70周年を祝うトリビュート盤にはセウ・ジョルジらブラジル勢はもちろん、ベックやクリッシー・ハインドなど英米からも豪華メンツが駆け付け、改めて偉大さを証明した格好に。間もなく出る3年ぶりの新作も楽しみ! *岡本

 

野宮真貴 『30』 ソニー

デビュー30周年記念盤にして、コーネリアスらプロデューサーを楽曲ごとに迎えたセルフ・カヴァー集。キャリアの多くを占めるピチカート・ファイヴのナンバーが中心となっており、90sの渋谷系の現代的な解釈を揃えた作品という側面も。*澤田

 

『小室哲哉 meets VOCALOID』 avex trax

セルフ・カヴァー&リミックス作や配信限定だった作品のCD化など、動きの多かったTK。ここでは、TKプロデュースの代表曲をボーカロイドが歌ってみた! 彼も1曲アレンジを手掛けるなど、俺流に留まらない柔軟な姿に惚れた! *加藤

 

『NEVERMIND TRIBUTE』 ユニバーサル

発表から20周年を迎えたニルヴァーナの名作を、日本のアーティストが全曲カヴァー。ONE OK ROCKら人気者が集うなか、自分色に原曲を解体する面々が印象的だった。誰もが知る曲なら壊す!みたいな気概が、こんな企画をおもしろくする。*加藤

 

『dip tribute ~9faces~』 DAIZAWA

廃盤だったEMI時代の作品がリイシューされ、話題となったdipのトリビュート盤。映画絡みのI'M FLASH BANDを組んだチバユウスケや後輩のTHE NOVEMBERS、ヤマジ自身もソロでカヴァーを披露し、バンドの名曲を色鮮やかにチェンジ! *加藤

 

『L'Arc~en~Ciel Tribute』 キューン

結成20周年記念のトリビュート盤では、ヴィンス・ニールやマイケル・モンロー、はたまたTLCやボーイズIIメンなど国外の大物が我流を展開。それでも原曲を想起できるという点で、本家のポップ・アイコンぶりを再確認する作品でもあった。*土田

 

『RED DIAMOND~Tribute to Yukihiro Takahashi~』 EMI Music Japan

高橋幸宏の還暦を祝うトリビュート盤。細野&教授といった旧知の盟友から小山田圭吾など近年交流を深める面々までが集結しており、さながら本人を巡るピープル・トゥリーが音盤として結実したかのよう。*澤田

 

舘ひろし 『HIROSHI TACHI SINGS YUJIRO』 DefSTAR

石原裕次郎の没後25年、石原プロの設立50年を目前に、軍団の中枢・館ひろしが裕次郎曲を歌った一枚が登場。渋さのなかに少年性も見え隠れする館だが、ここで聴けるのは円熟を極めた声だ。このムードには酔わされた! *加藤

インタビュー