こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

麗しき「The X Factor」ボーイズの3枚——Selected by 岡本大輔

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/岡本大輔



麗しき「The X Factor」ボーイズの3枚——Selected by 岡本大輔



No.1 ONE DIRECITON 『Take Me Home』 Syco/Sony UK

No.2 JLS 『Evolution』 RCA/Sony UK

No.3 OLLY MURS 『Right Place Right Time』 Syco/Epic UK



No.1〜3について

サイモン・コーウェル恐るべしというか、UKは「The X Factor」から登場した、特にボーイズたちが印象に残る2012年でした。何と言ってもワン・ダイレクションの世界的なブレイクは、久々にボーイズ・グループの復権をもたらして感謝感激! 2作目となる『Take Me Home』はヘンにEDMなどのトレンドに迎合していない内容で、いまこの路線で堂々とメインストリームを闊歩できるのは彼らくらいではないかと。

同じくトレンドに背を向けて90年代のR&B路線へシフトしたJLSの4作目『Evolution』は、往年のR&Bヴォーカル・グループ旋風と青春を共にしたアラサー、アラフォー世代にぜひとも聴いてもらいたい逸品。USアーバン・シーンからは相変わらず目立ったグループが出てこないので、ここはひとつJLSやウォンテッドらUK勢にさらなる奮起を期待したいものです。

一方ソロに目を向けると、ガールズではシェール・ロイドちゃんが頭ひとつ抜き出てますが、男性陣では今年本格的に全米進出を狙うオリー・マーズに注目。ジャミロクワイ~初期マルーン5に匹敵する楽曲センスはもっと評価されてもいいのでは?っていうか凄く日本人好みだと思うのですが……というわけで2013年も麗しきボーイズたちから目が離せない1年となりそうです。



記事ナビ

インタビュー