こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

夜の街へ繰り出したくなる10枚——Selected by カシワサン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/カシワサン



夜の街へ繰り出したくなる10枚——Selected by カシワサン



No.1 ROMAIN VIRGO 『The System』 VP

No.2 PUSHIM 『夕陽』 キューン

No.3 RUDEBWOY FACE 『DIG UP』 MAGNUM

No.4 DIZZLE 『TRILL』 Starlight Productions

No.5 西内徹バンド 『西内徹バンド』 ポジティブプロダクション

No.6 BUDAMUNK 『Butter Session Mixtape feat. mabanua on the live drums』 King Tone/Jazzy Sport

No.7 PART2STYLE SOUND 『FUTURE DUB SESSIONS』 PART2STYLE

No.8 VARIOUS ARTISTS 『Fashion In Fine Style Significant Hits Vol.1』 Bristol Archive

No.9 LOUISA MARK 『Breakout』 Universal Sound

No.10 VARIOUS ARTISTS 『Aloha'n'Irie ~HAWAII TAKE ME PARADISE~』 ビクター



No.1〜10について

〈いい音が鳴るとお酒が欲しくなる〉――そんな〈パブロフの犬〉的な条件反射で私の〈酒覚〉を刺激するステキな音楽に2012年も多数巡り合うことができました。自分のホーム・グラウンドであるレゲエの現場はもちろん、夜の帳が下りる頃にそこかしこで始まる宴――まあ、そうはいってもこの忙しない御時世、家にこもってせっせと仕事に勤しまなくてはならない日もあります。ただそんな時でさえも思わず身体を玄関へと向かわせるような、自分を掻き立てる曲が詰まった10枚(順不同)です。

とりわけ来日も果たしたロメイン・ヴァーゴはメインストリームのダンスホール勢のなかでは人気/実力共にずば抜けていましたし、日本勢ではブルックリン仕込みのハイセンスなフロウを繰り出す新星DIZZLEがピカイチ。ヴェテラン・サックス奏者・西内徹さんの最新作では、冒頭のスカタライツの名曲“Exodus”のカヴァーから痺れました。

その他のタイトルもレゲエ、ダンスホール、スカ、ハワイアン、ラヴァーズ、ベース・ミュージック、ヒップホップなどなど、スピーカーの前を陣取ってビール片手に低音をガッツリ浴びるのも良し! バーの片隅にある皮張りのソファーに座って、ロックグラス片手に友人と音楽談義をするも良し! どんな酒のシチュエーションにもフィットする音の宝庫。言い換えれば最高の酒の肴です。

2013年は果たして何人の方と乾杯できるか、いや~楽しみです。



 

 

記事ナビ

インタビュー