こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ヴェテラン・パワー・ポッパーたちの充実作5枚——Selected by 吾郎メモ

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/吾郎メモ



ヴェテラン・パワー・ポッパーたちの充実作5枚——Selected by 吾郎メモ



No.1 KEN STRINGFELLOW 『Danzig In The Moonlight』 Target Earth

No.2 THE DOMNICKS 『Super Real』 Citadel

No.3 THE SHOES 『Ingnition』 Air Mail

No.4 THE dB'S 『Falling Off The Sky』 Bar/None

No.5 RED KROSS 『Researching The Blues』 Merge



No.1〜5について

2012年はヴェテランのパワー・ポップ・アーティストが充実した作品を出した年と言える。パワー・ポップという言葉自体はもうあまり流行らないのかもしれないけど、単純にポップで良い曲をやっている、ということでもいいから、これらの作品を聴いてみてほしい。全然終わってないから。目先の派手さに囚われすぎると、こういうイイものを逃すことになるから注意ね。

特に、ポウジーズのケン・ストリングフェローが前年のバンドでの作品に続いて素晴らしい作品をリリースしている。これ自体はパワー・ポップと言い切れない幅広い音楽性だが、彼のシンガー・ソングライターとしての才能、ルーツをすべて入れ込んだような大充実作だった。

また、オーストラリアはDM3のドム・マリアーニが元ラッシュのニック・シェパードと組んだドムニックスのフル・アルバムは、ソウルのテイストが入った大人っぽい作品だが、来日ライヴはゴリゴリのパブ・ロック感がある最高のロックンロールだった。シューズ、クリス・ステイミーが復活したdB’sとレッド・クロスに関しては、ほんと久々の新作で、しかも彼ららしいというか期待を裏切らない素晴らしい作品に。



 

記事ナビ

インタビュー