こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

休日に引きこもらせた10枚——Selected by 佐藤大作

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/佐藤大作



休日に引きこもらせた10枚——Selected by 佐藤大作



No.1 PEAKING LIGHTS 『Lucifer』 Mexican Summer

No.2 HOLLY HERNDON 『Movement』 RVNG

No.3 DEAN BLUNT & INGA COPELAND 『Black Is Beautiful』 Hyperdub

No.4 GROUP RHODA 『Out Of Time – Out Of Touch』 Night School

No.5 ANDY STOTT 『Luxury Problems』 Modern Love

No.6 SUN ARAW , M. GEDDES GENGRAS MEET THE CONGOS 『Icon Give Thank』 RVNG

No.7 LAUREL HALO 『Quarantine』 Hyperdub

No.8 LAU NAU 『Valohiukkanen』 Fonal

No.9 MIRRORRING 『Foreign Body』 Kranky

No.10 SHACKLETON 『Music For The Quiet Hour / The Drawbar Organ』 Woe To The Septic Heart



No.1〜10について

仕事と休日の繰り返しに船酔い気味で、〈よーし休日だ、さて何しよう〉と前向きになりかけた私を一気に引きこもらせるのはやはり音楽で。トリップよりもインナー・トリップよろしく、ドープでダウナーな魅力、いや魔力を備えた10枚です。

自室のオーディオに無限ループをキメ込んで流しっぱなしにしていたダントツの1位はピーキング・ライツ。晩から朝まで順を追う曲名が並んでおり、夜通しの現実逃避行にぴったり。うっかりジャケまんまのプリントがデザインされたTシャツまで買ってしまったほどハマりました。PVもイカす!

ダンス・ミュージック方面も実験音楽方面も幅広く痒いところに手が届くRVNGは2012年も豊作で、特にホリー・ハーンドンにはフッ飛ばされました。アシッド・ディスコ、ドローン、念仏系ヴォイス・ループ……家を出るタイミングを完全に逃すキレッキレのハメ感!

そしてディーン・ブラント・アンド・インガ・コープランドことハイプ・ウィリアムズは、春に代官山UNITで観たライヴの余韻がハンパない。ヘッドフォンをして目を閉じ、爆音で聴けば何度もあのスモークと閃光ビカビカの渦中に戻れる危険な悦び。またライヴ観たいなあと、僕を外に連れ出してくれる希望の光も見える。

2013年もいろいろ楽しみですが、まずはリリースが決まっているドルドラムスと、こちらもこの春に出ると噂されているアルーナジョージのアルバムは発表されたら即欲しいです。わくわく(←精一杯の明るい振る舞い)。



 

 

記事ナビ

インタビュー