こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

とにかくずば抜けた3枚——Selected by 白神篤史

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/白神篤史



とにかくずば抜けた3枚——Selected by 白神篤史



No.1 BAT FOR LASHES 『The Haunted Man』 Echo/Parlophone

No.2 SILVERSUN PICKUPS 『Neck Of The Woods』 Dangerbird/Warner Bros.

No.3 CHAD VALLEY 『Young Hunger』 Cascine/RALLYE



No.1〜3について

ストーン・ローゼズの再結成で幕を開けた2012年。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのリマスター盤のリリース、ロンドン・オリンピックでのブラーの再結成ライヴなど、ここ数年のリユニオン・ブームに拍車がかかった1年であったと感じるが、そんなビッグ・ニュースとは別のところでも、非常に素晴らしい作品が溢れていた。

まずは新世代の歌姫、ナターシャ・カーン率いるバット・フォー・ラッシーズの通算 3作目。かのトム・ヨークが絶賛し、レディオヘッドのオープニング・アクトにも抜擢されたことのある彼女の歌は、とにかく圧巻。ビョークが引き合いに出されるほどに繊細なエレクトロ・ビートが生み出す深淵な美しさと共に、ずば抜けた存在!

次はLAの4人組、シルヴァーサン・ピックアップスの3作目。スマッシング・パンプキンズ~ピクシーズ~ソニック・ユースらを彷彿とさせてきた彼らが、一気にプログレッシヴに進化した意欲作だ。変幻自在のリズムとハードなギターはカッコ良くもおもしろい!

最後の1枚は、先行EPが話題となったチルウェイヴ界の貴公子、チャド・ヴァレーのデビュー作。パッション・ピット~ニュー・オーダーと肩を並べるほどにメロウなエレクトロ・サウンドが満載。ツイン・シャドウなど豪華ゲスト陣も参加した充実作品となっています。

個人的には3枚中2枚の国内盤が出なかったことがちょこっと悲しいですが、とにかくずば抜けた3枚でした。



記事ナビ

インタビュー