こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ワンプレートでいただく10枚——Selected by ヌーディーマン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/ヌーディーマン



ワンプレートでいただく10枚——Selected by ヌーディーマン



No.1 VARIOUS ARTISTS 『Shangaan Shake』 Honest Jon’s

No.2 VARIOUS ARTISTS 『The Silk Road』 100% Silk

No.3 VARIOUS ARTISTS 『Kanye West Presents Good Music Cruel Summer』 G.O.O.D./Geffen

No.4 ROBERT GLASPER EXPERIMENT 『Black Radio Recovered: The Remix EP』 Blue Note

No.5 VARIOUS ARTISTS 『Fabriclive 63: Digital Soundboy Soundsystem』 Fabric

No.6 VARIOUS ARTISTS 『50 Weapons Of Choice # 20-29』 50 Weapons

No.7 VARIOUS ARTISTS 『Brownswood Electric 3』 Brownswood

No.8 PHILIP GLASS 『Rework -Philip Glass Remixed』 Orange Mountain

No.9 VARIOUS ARTISTS 『Hospitality: Drum & Bass 2012』 Hospital

No.10 VARIOUS ARTISTS 『Listen To The Music(Caltone 1966-1969)』 Pressure



No.1〜10について

順不同です。アイドル、サイケやハウスの新世代解釈、USのEDM旋風、ヒップホップ~R&Bとインディー・ロックの間で高まる親和性――ネットで固まったリスナーを消費者に転換するのかしないのか。とにかく膨大な情報のなかから自分の物差しできちんと向き合わなくちゃ、何がおもしろいのかサッパリわからない時代に突入しているのを実感した2012年。成熟と混沌の音楽生活で、アルバム10枚は絞り切れましぇん――ということで、一枚でいろいろ堪能できるコンピやミックスをチョイスしてみました。

『Shangaan Shake』とフィリップ・グラスのリミックス盤の人選は新旧のバランスが良く、当たり年だったブラウンズウッドは『Brownswood Electric 3』がほとんど知らないメンツなのに全部カッコ良くて何回聴いたことか。また50ウェポンズは、ポスト・ベース・ミュージック世代のテクノ・リポートとして重宝しましたし、ホスピタルの定番コンピとシャイFXの別名義による〈Fabriclive〉の63弾はふたたびオモロいことになっているドラムンベース・シーンをさまざまな角度から覗けました。さらにロバート・グラスパー再構築盤とカニエのコンピは両極端にブラック・ミュージックの醍醐味を堪能。100%シルクを介して覗く90年代も楽しかったし、2012年に発掘された60年代のロックステディお宝音源もまた乙でした。

2013年もこのチョイス・イズ・ユアーズ感がしばらく続くのでしょうね。



 

 

記事ナビ

インタビュー