こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

やっぱスゲエわ、この姐さん!な5枚——Selected by 村上ひさし

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年01月23日 17:59

更新: 2013年01月23日 17:59

文/村上ひさし



やっぱスゲエわ、この姐さん!な5枚——Selected by 村上ひさし



No.1 MADONNA 『MDNA』 Live Nation/Interscope

No.2 KELLY CLARKSON 『Greatest Hits Chapter One』 RCA

No.3 CHRISTINA AGUILERA 『Lotus』 RCA

No.4 ALICIA KEYS 『Girl On Fire』 RCA

No.5 八代亜紀 『夜のアルバム』 ユニバーサル



No.1〜5について

特に順番はないのだけれど、2012年に本腰を入れてアルバムを作ってきたヴェテラン姐やんから選んでみました。

4年ぶりの作品となったマドンナの『MDNA』は、シングル・ヒットにイマイチ恵まれていないのと巨大なツアーが海外のみ……というのは残念だったものの、相当本気で作られていることは一聴瞭然。また、ケリー・クラークソンは不幸な女の応援アンセム“Stronger (What Doesn’t Kill You)”の入った2011年作『Stronger』にもヤラれたけれど、このベスト盤も最高。新曲を含めた彼女のキャリアをザッとおさらいできちゃううえ、とにかく流行りまくったヒッ ト曲ばかりがギッシリでした。

さらに、離婚に酒浸り、激太りなど崖っぷち感ムンムンだったアギレラが、そんな近況を打破するが如くパワー全開で臨んだ『Lotus』。コンセプトを排して、ひたすら歌うわ歌う。どこを斬っても痛快そのもの。生き残りを賭けてる本気度がひしひし伝わってきました。 比較的ゆったりしながらも本気を入れてきたアリシアの『Girl On Fire』は彼女を見直した一枚。いい意味で夫スウィズ・ビーツとはあまり絡まず、本来の自分らしさを取り戻した感じでしょうか。そして亜紀ちゃんは、企画の上手さ云々よりも、やはり歌心。ワタクシもこういう大人の歌がわかる年齢になりました(笑)。



 

記事ナビ

インタビュー