こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DISC TO GO――パーティーへのてびき(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年02月27日 18:01

更新: 2013年02月27日 18:01

ソース: bounce 352号(2013年2月25日発行)

ディスクガイド/山西絵美、轟ひろみ、出嶌孝次



DADA LIFE 『The Rules Of Dada』 So Much Dada/Universal(2012)

ガガやカイリーのリミックス仕事でも知られるスウェーデンのバナナ野郎2人組。途中からビッチな女声のピッチを上げて一気にイカせる“So Young So High”を筆頭に、この2作目はウニョウニョしたシンセ・ベースと大袈裟なブレイクで終始畳み掛けます。金太郎飴っぽいところを含め、LMFAOとの比較にも納得。*山西

 

LOREEN 『Heal』 Warner Sweden(2012)

2012年の〈ユーロ・ヴィジョン・コンテスト〉の覇者が満を持して放ったデビュー作。ときどき顔を出す壮大なオペラ唱法&オーケストラルなアレンジはさておき、ユーロダンス〜トランス特有のダサイけどカッコイイ感じには、抗えない楽しさがありますね! レディ・ガガやカスケーダの名前がよぎる一枚です。*山西

 

OUTASIGHT 『Nights Like These』 Warner Bros.(2012)

ヨンカース出身のラッパー/シンガーで、現在は青春エモ・ポッパーのレディ・セットとツアー中の彼。ミックステープや客演を経て放ったこのメジャー進出作では、アウル・シティの関与曲やファン風のナンバーなどズルイくらいトレンドを詰め込み、ポップに振り切っています。*山西

 

BASSNECTAR 『Vava Voom』 Amorphous(2012)

去年リリースされていたというのに全然気付いておりませんでした……ということでご紹介! 出自がゴア・トランスで彼岸ダブ方面からダブステップに入っていったと思しき男だけに、(2000年代の)オムによくあったスモーキーなブレイクビーツ集にも通じるヘヴィー&グルーヴィーな快楽盤に。ルーペ・フィアスコやアンプ・ライヴといったMC陣とのコラボをバキバキ格好良く仕上げ、ペニーワイズ曲を取り上げる謎の“Pennywise Tribute”もアリ。*轟

 

MARINA & THE DIAMONDS 『Electra Heart』 679/Atlantic(2012)

日本でも話題になったデビュー作より、本国ではこの2作目のほうがヒットしているんですよ! 新たにディプロやDrルークを迎え、どキャッチーなエレクトロ・ポップ路線に舵を切ったのが勝因でしょうか!? なかでもファットな4つ打ちビートがズブッと挿し込まれる〈Oh!〉〈Yeah!〉〈Wow!〉な“Primadonna”は超キラー! *山西

 

RIHANNA 『Unapologetic』 SRP/Def Jam(2012)

毎年アルバムを出してくる働き者の最新作は、前年の『Talk That Talk』の成果を踏まえながら、かつて失敗と見なされた『Rated R』のヴィジョンに再挑戦した一枚。チェイス&ステイタスとの再合体やラブリンスの起用も時代がやっと彼女に追いついた証だろう。*出嶌

 

FOREIGN BEGGARS 『The Uprising』 Mau5trap /KSR(2012)

グライム〜ドラムン畑で名を売ってきたMC集団のマウストラップ移籍第1弾は、旬のEDM〜ベース強豪と組んだ明快な重音作! 日本盤ボートラにはスクリレックスとの大曲“Still Gettin It”をはじめ、大注目のbanvoxによるサイバーなドラムンベース、12thプラネットのトラップステップなど世界標準のポップ・スタイルが満載です。*轟

 

『EDM WORLD Presented by ☆Taku Takahashi』 FARM(2013)

ポップ・ヒットしてもアルバムに集約されないEDMの定番トラック群を、オランダのスピニン音源からm-floのTakuが選曲したタワレコ限定コンピ! アフロジャックやシドニー・サムソン、リハブらの超キャッチーで楽しい逸曲だらけ! *轟

 

KHALED 『C'est La Vie』 AZ/ライス(2012)

3年ぶりの新作はレッドワンのプロデュース。朗々とした歌声&ライ特有の繰り返される単純なメロディーに、アップリフティングなエレクトロ・ハウスをクラッシュさせたら……そりゃ大バコ映えしないわけがない! レゲエやフラメンコも入り乱れ、そのゴテゴテ感からボブ・サンクラー『Disco Crash』を思い出してしまいました。*山西

インタビュー