こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ハルカトミユキ

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年03月27日 18:00

更新: 2013年03月27日 18:00

ソース: bounce 353号(2013年3月25日発行)

インタヴュー・文/土田真弓

 

社会に向けて宣戦布告した初作と比べ、パーソナルな面がより前に出た新作。彼女たちの鋭い言葉は〈青い毒〉となり、鈍感な世の中へと突き刺さる──

 

 

歌詞のほか短歌や散文詩も手掛けるハルカ(ヴォーカル/ギター)と、サウンドにさりげなく違和感を仕込むミユキ(キーボード/コーラス)から成るガールズ・デュオ、ハルカトミユキ。初EP『虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。』が評価され、2013年はネクスト・ブレイクの呼び声も高い2人より、2枚目のEP『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』が到着した。社会の矛盾に対する宣戦布告とも取れた前作に対し、本作はどちらかというと自身の内側へと目を向けた印象だ。

「前作とは質感で振り分けていて。2枚目は〈ちょっと冷たくて青い感じ〉や〈夜〉っていう雰囲気で統一してるんですけど、1枚目と比べると、今回はより個人的なことを歌ってるかもしれないです」(ハルカ)。

ハルカいわく「自分にピタッとくっ付いた、プライベートな一人称」である〈僕〉と、「オフィシャルな、代弁している感覚」で使うという〈私〉の視点を通して綴られる言葉たち。いじめで自殺した高校生のニュースを見た〈私〉が〈勝てないお前が悪い/口を揃えて言うのでしょう/上から見下ろすあの人達は〉と叫ぶ“ニュートンの林檎”は、不協和音を孕んでアッパーに滑空するサウンドと相まって、権力への攻撃性を露わにする。

「この曲はみんな(のコードが)当たりまくってて、キーボードはチョップで弾ける感じです(笑)。リズムも右手と左手でまったく違うから、いつも必死で」(ミユキ)。

そして、残り4曲に登場するのは〈僕〉。清澄なピアノを効かせたエモーショナル・ロックに乗せて、〈ただ生きていて〉という極限の願いを伝える“ドライアイス”、静謐さと揺らぎを演出するギター・サウンドがサビで劇的に開ける“POOL”、アコギとシンセのみで素直になれない自身を吐露する“グッドモーニング、グッドナイト”、ドラッギーにうねるアンサンブルのなか、過ちを正せない〈僕〉の逡巡と〈小屋に閉じ込められたウサギ〉という幼少期の記憶が邂逅する“未成年”──そこには、2人のパーソナリティーが色濃く投影されている。

「“未成年”は、私のアコギにすごく揺れたエレキが入ることで一気に〈グワーン〉って音が回る世界が出来て、おもしろくなったと思いますね。“ドライアイス”は歌詞とメロディーが何回か変わって、やっとこの形になった曲です。書きたいことだけはあったんですよ。すごく絶望的なことがあった大切な人を救いたいっていう思いがあって。そこで私は何を言ってあげられるだろう?みたいなところから、〈ただ生きていて〉っていうフレーズが出てきたんですけど、絶望的な終わり方にも、安っぽい希望にもしたくなかった。だから最後はもう開き直ってるんですよね。〈みんな壊して笑ってやるよ〉とか、何か違う形での反抗を書きたくて、こういう結末になってます。“POOL”は……もう2年ぐらい前かな。フラれたとかで(笑)、とにかく皮肉を言ってやろうと。全然恋愛の歌ではないんですけど、〈これでいいだろう〉っていうフレーズからサビが出てきて、自分の願望をひたすら書いて。で、〈君を忘れたい〉と。だけど最後に〈そんなの全部嘘だと言いたい〉ってひっくり返すっていう。どっちなんだ、って(笑)。ただ、ありのままでいたいっていう気持ちは入ってますね。〈笑いたいなら笑っていいよ〉とか、自分の姿を作り込むことに疲れて、もう好きなようにやらせてくれ、みたいな感じはありますね」(ハルカ)。

「そういう曲だから、“POOL”は暗さのなかにどうにかして明るさを足したい思ってフレーズを作って。あと“グッドモーニング、グッドナイト”のシンセは、音数としては1個なんですけど、ローファイっていうんですか? アナログのパッチを通して、バチバチ言うか言わないかぐらいの古い感じの音を作ってるんです。皮肉も明るく……というか、アコースティックで聴けるように。でも、懐かしいメロディーだけど〈ん?〉って違和感がある感じを出したくて、ちょっと揺らしてみたり」(ミユキ)。

「同じ方向に行かないのがおもしろいんですよね。逆もそうで、私が明るいことを言ってるときは、暗めで気持ち悪いフレーズを弾いてみたりする。その天邪鬼さがいいっていう」(ハルカ)。

天邪鬼で、破壊衝動にも似た激しい内面をポップソングへ転化することに長けた2人。そう考えると、彼女たちには音楽があって本当によかったと思うのだが……。

「ホントにそう思います(笑)。今回はタイトルに〈毒〉って入ってるんですけど、その毒っぽい言葉が1枚目では外に向かってて、今回は自分で毒を飲んじゃった、ぐらいの感じなのかも(笑)。グチグチした弱い自分もそのまま見せちゃってる感じですね」(ハルカ)。

 

▼関連盤を紹介。

ハルカトミユキの2012年のEP『虚言者が夜明けを告げる。僕たちが、いつまでも黙っていると思うな。』(H+M)

インタビュー