こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年05月01日 18:01

更新: 2013年05月01日 18:01

ソース: bounce 354号(2013年4月25日発行)

インタヴュー・文/一ノ木裕之



正体不明、なれど世界と繋がるリリカルな才能



Sneeeze_A



一昨年末から昨年5月まで月イチペースで相次いで発表したミックステープ/アルバム(うち3作はUSのトップ・ミックステープ・サイトであるDatPiffを通じて発表したもの)、そしてエイサップ・ロッキーやメイン・アトラクションズらのトラックを手掛けるシルキー・ジョンソンのミックステープや、Olive Oilらの楽曲への参加など……ヒップホップ・シーンにおけるネットを起点とした流れを味方につけ、SNEEEZEはここ1年余りで動きを一気に加速させてきた。軽みのあるフロウで近年の日本語ラップのムードを体現するラッパー群に交じる彼もまた、抜きと間を活かしたUSはだしの身のこなしでフレッシュなラップを聴かせる一人だ。「あまり意識してきたわけではないのですが、洋楽のラップはすごくお手本にしています」という一言は、そのスタイルを裏付けるもの。「昔はシンガーにも興味があって、それが少しは活かされているのかなーとか思ったりします」という歩みの片鱗もラップに窺わせる。

そんな彼が昨年来、堰を切ったように作品リリースを展開していった背景には、日本語ラップ専門サイトのJPRAP.comを主宰するbenzeezyと、彼の立ち上げたネット配信レーベル=rev.311のバックアップがある。

「(以前と)特に意識が変わったことはありませんが、benzeezyさんからいろいろな企画やミックステープの制作に手を貸していただくようになり、それ以降自分のラップに自信が持てるようになって、精力的に曲や作品をアウトプットするようになりました。曲作りにも変化はなかったのですが、〈ラッパーはラップしてナンボ〉を確信しました」。

rev.311から昨年リリースした『Device』に続くオリジナル・アルバムにして、初のフィジカル作品となるニュー・アルバム『ASYMMETRY』も、そうした後押しを受けて完成したものだ。〈俺は変わってしまった いつの間にか〉と歌う先行カットの“Goodbye Bitch”。〈悩んだ後は動くだけさ〉という“I Go”。あるいは〈現状打破一歩で楽勝〜新たな連鎖に乗り遅れるな〉とのラインが躍る“Change”——切り拓くキャリアと変わりゆく意識がダブる楽曲の数々も、自然体の彼が導き出したものに他ならない。

「リリックを書く時のルールは、決まったルールを作らないこと。(作品全体の)狙い、アイデアとかはないですが、自分の世界観は出せたアルバムだと思います。“Goodbye Bitch”や“ I Go”“Change”“Dramatic”などの曲は現状、未来の変化を歌っているのですが、ここ2、3年で立場も気持ちもシーンの見方も変わったかもしれません(笑)」。

フェイクなラッパーを見下ろすような歌詞、マイク捌きとユルめなサビの対比が絶妙な“S.G.H”では、みずからのスタイルをバランス良く提示。まどろむようなトラックにラヴソング的意匠が映える“Say So”などを交えつつ、夜から朝を迎える街の姿を点描していく“I'm In Night”ではPUNPEEのトラックを得た。そうしたなかにあって、リル・Bへのトラック提供などで知られるキーボード・キッド制作の“Crying”は、〈この世の条理に奥歯を噛んで/取り戻す本当の奪われた感性〉というラインも鮮やかに〈行き場は現実オンリー〉な彼の視線を映し出す。それは自身がかつて神戸で大震災に遭った記憶と〈3.11〉以降の世界を繋ぎ、人種や宗教などの絡んだ悲劇へと及ぶ大きな視野と共に、祈りにも似た思いを世に放つ。

「阪神淡路大震災の時も子供ながらに無力感と恐怖に襲われました。大人になって情報を得るようになり、自分のできることやこれまで避けていたことがわかって。自分の望む世界が正しいかはわかりませんが、そこに辿り着きたいという思いはあるので、〈3.11〉ともリンクした部分はあるかもしれません」。

音の纏うモードの先で、日本語ラップの〈ニュータイプ〉たちはどんな〈いま〉を語っていくのか——まさに〈ニュータイプ〉たるSNEEEZEの今後もそこから見えてくる。



▼関連盤を紹介。

左から、PUNPEEが属するPSGの2009年作『DAVID』(ファイル)、SNEEEZEが参加したP-PONGの2009年作『Pマイセルフ』、煙虫の2011年作『FOUNDATION』(共にKITCHIN HOUSE)

関連リンク

インタビュー