こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年05月01日 18:01

更新: 2013年05月01日 18:01

ソース: bounce 354号(2013年4月25日発行)

文/轟ひろみ



その鏡は何を映し出してる?



LowPass_A



その言葉自体はフレッシュな響きを備えたものであるはいえ、事あるごとに〈新世代〉と括られることがそう呼ばれる本人たちにとってハッピーかどうかは別問題だし、1曲のパワーだけで返り咲いたり、時々B面が勝ったりするのがヒップホップ(だけじゃないけど)の良いところだとも思うから安易に世代や年齢やエリアだけでカテゴライズしてしまわないように気をつけないといけません……と思ったのは、いまLowPassの凄まじい『MIRRORZ』を聴いているから。そう。この危険なふたりからのニュー・アルバムがいよいよ届けられるのだ。

不穏なスムースネスを響かせるラッパーのGIVVNと、陶酔感のあるビートで脳に楔を打つTEE-RUGというコンビ、LowPassは2010年に東京で結成されている。その年のうちに無料配布した『The Direction E.P.』も手伝って、感度の高いリスナーの間では彼らの名がゆっくり広まることになった。そして翌2011年、“Ruff”のMV公開を前フリにドロップされたフル・アルバム『WHERE ARE YOU GOING?』だ。QNとOMSBを“Smell”にフィーチャーし、他にもDEJIとLight and Slepttを迎えた同作は、前後してリリースされたFIND MARKETや、もちろんSIMI LABといった面々の初作と繋げて楽しむことのできる空気感で満たされていた。

2012年にはアルバムに入らなかった曲を『Interludes from "Where Are You Going?"』とまとめてフリーで配信。グループではCOMA-CHIの“Flower of the Sun”をリミックスし、GIVVNはダースレイダーの“VAMPIRE”に客演したり自作のビートを発表するなど、気ままに活動を推移していった。なお、GIVVNはUQTZDというインディー・レーベルを主宰し、QNやRiki Hidaka、MA1LLらと共に映像制作集団のDEADMAN FILMSとしても活動している(OMSB“HULK”のMV監督を務めたのはGIVVNだ)。そのへんのセンスの良さや多才さもまた〈新世代〉らしいニュアンスのように映ったものだ。

そして今回の『MIRRORZ』で眩しくも痛感させられるのは、彼らふたりの個々の輝きとLowPassという個の輝きだ。いま思えば説明できない新しさを同じフォルダに入れてしまったのかもしれないが、ドロリとした感覚のジャジーorソウルフルなループで、しっかり踊らせるこの疼くノリは間違いなくTEE-RUGならではのものに他ならない。GIVVNが吐き出すラップも同様。LowPassだけが持つLowPassのグルーヴが、もっとも明快な形で表現されているのだ。アルバムにはLight and SlepttからContrastiv(GIVVNのマスタリングによるミックステープ『The Wreckage Of Tapes』を昨年発表済み)が参加し、“Milkshake”にはQN改めN.A.R.E.が流麗なフロウを注ぎ込む。なお、illicit tsuboiが録音とミックスを手掛け、マスタリングはUKの名門スタジオ「メトロポリス」で施されたというから、音像のカッコ良さもお墨付きになるはずだ。

新世代はいずれそうじゃなくなるし、そもそも若ければいいという話ではない。この『MIRRORZ』が眩しく思えたなら、それはクールな彼ら自体の発する魅力の輝きなのだ。



▼関連盤を紹介。

左から、LowPassの2011年作『WHERE ARE YOU GOING?』、GIVVNが参加したFIND MARKETの2011年作『BASEMENT DUSK』(共にAUM)、LowPassが参加したCOMA-CHIの2012年作『GOLDEN SOURCE』(VYBE)

インタビュー