こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年05月01日 18:01

更新: 2013年05月01日 18:01

ソース: bounce 354号(2013年4月25日発行)

文/北野 創



毎月毎月さまざまな方向から新しい人や集団が出てくるから、全体を追いかけることはなかなか難しいのが正直なところ。それでも東海の新たなシーンを牽引する存在として覚えておきたいのは、トラックメイカーの鷹の目が主宰しているレーベル=JET CITY PEOPLEである。呂布カルマやTOSHI蝮といったストレートなリリシストもメンバーにラインナップしつつ、おもしろおかしく毒を吐くラップ巧者のROO-TIGER、そしてラップとも歌ともつかない語り口のY-クルーズ・エンヤは6月にアルバム・リリースも所属しており、今後さらに大化けしそうな予感がプンプン漂ってくる。



▼関連盤を紹介。

左から、TOSHI蝮の2012年作『Blue Cheeese』、6月14日にリリースされるY-クル­ーズ・エンヤのファースト・アルバム『しらくべくリゾート』(共にJET CITY PEOPLE)

インタビュー