こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

各々が勝手に発展して各々がおもしろい、注目ディスクガイド

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年05月01日 18:01

更新: 2013年05月01日 18:01

ソース: bounce 354号(2013年4月25日発行)

ディスクガイド/北野 創、轟ひろみ、出嶌孝次



Fla$hBackS 『FL$8KS』 FL$Nation(2013)

ラップもトラックメイクもこなすFebbとjjj、そしてDJのKID FRESINOから成る、いまもっともホットな3人組。アトモスフェリックな感覚がゆらりと立ち昇る“Fla$hBackS”をはじめ、都会的なセンスを感じさせる独特のサンプリング使いと、トラックと一体となってグルーヴを生む滑らかなフロウが新鮮すぎる! *北野

 

Buddha Slave 『Quarter Men』 LOW HIGH WHO?(2013)

8th WonderのMC担当であるFake?と、環ROYらへのトラック提供で知られるビートメイカーのEeMuによる初作。散文的な言葉の連なりでイメージを爆発させる前者と、インディー・ロックやエレクトロニカ好きにも刺さりそうな雑食ビートを叩き出す後者。お互いのクセの強さが独特のサイケ感を生んでいる。 *北野

 

DyyPRIDE 『Ride So Dyyp』 SUMMIT(2013)

曲者揃いのSIMI LABのなかでも野太くて弾力性のあるフロウが一際特徴的なラッパーのソロ2作目。世の中への反骨心を時にユーモアを織り交ぜながらグツグツと煮えたぎらせ、歪んだグルーヴに乗せて吐き出す様が実に痛快でカッコ良い。OMSBやMARIA、USOWA、JUMAらクルーの面々もガッツリ参加。 *北野

 

VITO 『草案』 Brainstorm/THE FOREFRONT(2012)

SQUASH SQUADが大傑作『objet』でいままでになく脚光を浴びた年の暮れ、早くも届けられたVITOのソロ作。穏やかにすら映る振る舞いのなかにヤバさをチラチラ覗かせるセンスはグループそのままだが、2曲で起用したtrinitytiny1や、ゲストのRAU DEFらとの絡み方はまた格別。この後にはLOOTAのソロも! *轟

 

GOKU GREEN 『HIGH SCHOOL』 BLACK SWAN(2012)

一昨年にオンライン上でいきなり脚光を浴びた彼だが、驚きの理由は単純に年齢的な意味での若々しさだけにあったのではなく、恐ろしく落ち着き払ったレイドバックな語り口に甘酸っぱいほどのフレッシュネスが宿っていたからだろう。6月には早くもセカンド・アルバムの到着が決定している! *轟

 

ONE-LAW 『MISTY』 FELLOWS/Pヴァイン(2013)

RGF及びSWANKY SWIPEの一員で、東京のシーンを現場から支えてきたDJ/トラックメイカーの初作は、盟友のBESはもちろん、NIPPSやK-BOMBらの先輩格からMONJU、Fla$hBackSなど有望な若手まで、多彩なMCが集った豪勢な内容に。渋くて煙たいループ・ミュージックの快楽も堪能できる傑作。 *北野

 

DJ LIKEST 『AIRTIGHT SERVICE 2』 ATS(2013)

SD JUNKSTAとも深く繋がるDJが2年ぶりに投下したオフィシャル・ミックスCD。ATSQUADの仲間はもちろん現場で繋がった神奈川各地のラッパーたちが前作同様にズラリとエクスクルーシヴを提供し、未知の名前も含めていい感じのテンポで楽しませてくれる。足場を忘れないSALUもだるまとのコラボなどで登場。 *轟

 

GUINNESS 『ME AND THE PAPES』 Snake Slow/Pヴァイン(2013)

かつて悪名を馳せたあのGUINNESSが、延期を重ねていた初のアルバムをやっと発表! 近年はVIKNやBESとの共演も目立ったが、T.Tanakaを中心にONE-LAWやPUNPEE、KEMUIらのビートを後ろ盾に、S.l.a.c.k.やISSUGIらとの合体まで実現。イメージを大きく修正せしめる快作に。ミックスはI-DeA! *轟

 

A-THUG & DJ SPACEKID 『FREEZCITY』 044G(2013)

アルバム『BRIGHT SON!!』のリリース後もマイペースに動くA-THUGが、ふたたびSPACEKIDと組んだミックステープは『HEATCITY』の続編。言葉を吐くだけでそれを意味ありげな何かに変えられる数少ない人だけに、こういうラフなブツも持ち味は十分に発揮。SIMONも交えたDJ RYOWの“DON'T STOP”はやはりヤバい。 *轟

 

MUTANTAINERS 『MYND OF MUTANT 突然変異的反抗期』 MUTANTAINMENT(2013)

RAU DEF、QN、X&TRICKSのRICKという若手でも抜きん出た実力を誇る3MCのユニット。簡素なトラックの隙間を縫う如く、三者三様のラップや歌が気ままに絡み合う感じは、ヒップホップの自由な部分をそのまま体現しているかのよう。思い付いたら即実行みたいなラフさが今時っぽい。 *北野

 

CIGER 『BOWELS』 SIMPLE SOURCE.(2013)

ちょうど1年前にリリースした『PUSH OUR VISION』でも記憶される仙台のグループ、NU:ESSENCEからのファースト・ソロ・アルバム。闊歩するようなグルーヴに乗せて生活感を纏った飾らないリリックが重ねられていく、シンプルながらも細部の心地良さが行き届いた一枚と言える。小宮守やJANSが参加。 *轟

記事ナビ

インタビュー