こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ヘッドライナー級揃いのメイン・ステージ

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年08月02日 22:00

更新: 2013年08月02日 22:00

ソース: bounce 355号(2013年5月25日発行)

ゆるふわ談話/海子&山子



海子「今回から3号連続で〈サマソニ〉の特集をするってことで、第1回は私たちがおっきいステージの話をしなさいと駆り出されたよ」

山子「屋外の〈MARINE STAGE〉と屋内の〈MOUNTAIN STAGE〉ね」

海子「大阪会場は〈MARINE〉じゃなくて〈OCEAN〉て言うんだよ」

山子「どう違うの?……まあいいわ、始めましょう。最初に言っておくと、東京と大阪ではラインナップが1日目と2日目とで逆になるけど、便宜上、東京を拠点にして話をするので、関西方面の方はごめんあさせ」

海子「あさせ。じゃあ1日目の〈MARINE〉から見ていこうか。どう? いきなりメタリカだよ!」



Metallica_A



山子「上から4つ(メタリカ、リンキン・パーク、フォール・アウト・ボーイ、ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン)はどれもヘッドライナーでもいいくらいね」

海子「確かに。リンキンは2006年の〈サマソニ〉でヘッドライナーだったしね」

山子「〈OSHIETAL〉の山口コージー先生いわく、メタリカはそろそろ新作が出るかも!?という期待もあったけど結局間に合わなくて、でも〈サマソニ〉では新曲が聴けるんじゃないかって!」

海子「ほほ〜。前回出た時(2006年)は『Death Magnetic』のリリース前だったんだけど、〈新曲だぜ!〉って1曲やってたな。結局それはアルバムに入ってなかった(笑)。幻。ところで、フォール・アウト・ボーイって活動休止明けに日本でちゃんとライヴやるのは初?」



FallOutBoy_A



山子「そうだね。最新作のプロモーション来日の時にプレミアム・ライヴをやってたけども」

海子「パトリックはすっかりスリムになってね……いまだに見慣れない」

山子「ねえ。どうしちゃったのかしら……。そうそう、ヴォルビートっていうのがおもしろいわよ」

海子「誰? 新人?」

山子「いや、キャリアは結構あるのよ。5作目にして初の日本盤が6月に出るんだけど、メタルにロカビリーの要素を入れた曲があったりして、すごくキャッチー。メタル・ファンじゃなくても気に入る人は多いと思うの。フェスで盛り上がりそう」

海子「〈メタロカ〉ね。一番手らしいから早起きしなくちゃ」

山子「で、2日目のヘッドライナーはミューズと。トリは初めてよね?」

海子「うん。日本のフェスには毎年何かしらに出てるイメージだし、初ヘッドライナーっていうのも意外だな〜」

山子「UKではウェンブリー・スタジアムを埋めるくらいのバンドだし、妥当よね」

海子「あの凄すぎて笑っちゃうくらいのスケール感は広い会場でこそ映える!」

山子「スマッシング・パンプキンズもいいポジションで演るのね〜。やっぱり日本での人気は根強い感じかしら?」

海子「がんばってほしい……ていうかがんばってほしいのはジョン・レジェンドも!」



JohnLegend_A



山子「すごいところにスポッと入ったわね」

海子「一気に毛色が変わるけど、野外のジョンなんて滅多にないから楽しみ!」

山子「ルーツとコラボ盤を出したり、フィーチャリング仕事は多いけど、自身のアルバムはだいぶご無沙汰よね」

海子「9月に出るっぽい! だからきっと新曲も聴けるはず!! もう身体からヘンな汁が出るくらいコーフン! メロメロ!!」

山子「いきなりナニ? 何汁? まあいいわ、それよりイマジン・ドラゴンズは押さえておいたほうがいいんじゃないかしら?」

海子「だね。USでめちゃめちゃ売れてるらしいじゃん」

山子「そうなの。去年ファースト・アルバムを出して、それがジワジワとチャートを上げてね」

海子「どんな感じなの?」

山子「んー……マルーン5をだいぶオルタナっぽくした感じ。キラーズみたいな」

海子「ほお。キラキラしてるの?」

山子「キラキラしてないキラーズ(笑)。ニッケルバックが入ったみたいな……」

海子「あー、ハイハイ。砂漠でPV撮っちゃう系のアメリカンなロックね」

山子「これこそ大きいステージ向きでしょ。音がダイナミックだから。向こうでヒットした“Radioactive”という曲はライヴでヴォーカルが大太鼓を叩いててね、それが話題になったのよ」

海子「ワイルド〜」

山子「ところで日本勢はどう? 旬なところを押さえてる感じ?」



ManWithAMission_A



海子「マキシマム ザ ホルモン、ONE OK ROCK、MAN WITH A MISSION……そうだね、やっぱりいまキテるのがこのあたりのラウド勢というのがよくわかる」

山子「炎天下でオオカミ(の中の人)、大丈夫なのかしら?」


インタビュー