こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ゆるふわ対談(2)――独自性と安心感……

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年07月24日 21:30

更新: 2013年07月24日 21:30

ソース: bounce 356号(2013年6月25日発行)

ゆるふわ対談/苗子&陽子



独自性と安心感……



苗子「次は……北海道の〈JOIN ALIVE〉ですか」

陽子「2週に渡って4日間開催……なんかすごいね。今年から?」

苗子「そうみたい。もうみんな出るんじゃない?」

陽子「みんなって……? 〈フジロック〉に出る海外勢も一部出るんだね。ヨ・ラ・テンゴとかシー・アンド・ケイクとか」

苗子「出演者の数がハンパないぶん幅も広い。新人系が充実していておもしろいかも。地元の爆弾ジョニーとか、KANA-BOONあたりが気になる」

苗子「すかんちとPERSONZっていう揃い踏みっぷりもたまらないね(笑)!」

陽子「とにかくたくさん出るから、他のフェス以上に見本市的な感じがある」

苗子「そしてプロレスも観れる!」

陽子「最近、プロレス団体をフェスでよく観るな……まあいいや。続いて〈WORLD HAPPINESS〉。これは独自の路線を行ってるフェスだよね」

苗子「YMO周りの面々をお約束にしつつ、出演アーティストは他のフェスとあまり被らない人選だと思うな」

陽子「人選というより出演者の並びに何となく〈ならでは〉感がある気が」

苗子「大貫妙子さんがフェスに出るのもレアじゃない? あ、〈ap bank fes〉には出たことあったか」

陽子「でもがっつりライヴすることはなかったよね。ところで、キリンジはKIRINJIになってる! お兄さん1人になってどうなるんだろう?」

苗子「そうやって気になる観どころをきっちり作ってくるところが、量より質を感じさせる。ただ重鎮が登場するだけじゃない」

陽子「うんうん、それが継続してる理由だよ。で、その翌週はまた北海道の〈RISING SUN〉! 手堅いラインナップ!」

苗子「もはや安心感すらある(笑)。ちなみに白Aっていう人たちが出るんだけど、最初これ、WHITE ASHの略かと思ったわ!」

陽子「テクノ・サウンドと映像、そしてパフォーマンスの融合を表現する次世代型エンタテインメント集団〉だって。よくわからないけど楽しそうだよ!」

苗子「そしてアジカンのゴッチさんはソロで出演するんだね」

陽子「自身のレーベルから7インチでリリースした曲がすごく良い感じだったし、新曲も聴けたらいいな〜。あ、MISIA!」

苗子「初登場だね。フェス自体初かな?」

陽子「過去に出演していた永ちゃん、達郎さん枠って感じかな? 彼女の生歌は凄いよ〜!」

苗子「まあ、いろんなアクトを観たいっていうのはあるけどさ、〈RISING SUN〉はフェス飯ですよ。何を食べても美味しい! ソーセージの中にチーズが入ってるやつ食べたい」

陽子「デブまっしぐらもお約束だね」

苗子「いっぱい歩くから大丈夫だよ。では最後に、〈HIGHEST MOUNTAIN〉を」

陽子「こちらも全力の安心感。大阪の現場支持率が高い面々をガッツリ揃えてる」

苗子「韻踏合組合、SHINGO★西成といった馴染みのヒップホップ勢も含め、関西色濃い〜ね! FIRE BALLやRANKIN TAXIとか東の人たちもいるけど」

陽子「メンズだらけ。でもそんななかで紅一点のPUSHIMが光ってる!」

苗子「でもこのイヴェントはストイックだわ」

陽子「本気でダンスホール好きの集い!」



▼関連盤を紹介。

左から、爆弾ジョニーの2012年作『イミナシ!』(Trippin' Elephant)、すかんちのベスト盤『CD & DVD THE BEST SCANCH 軌跡の詩』(ソニー)、韻踏合組合の2010年作『都市伝説』(IFK)、SHINGO★西成の2012年作『ブレない』(昭和レコード)、FIRE BALLの2012年作『NEW ERA 〜Call This Love〜』(LIFESTYLE/ユニバーサル)

 

インタビュー