こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

真夏にこそ楽しみたい、エレガントでファンシーで素敵な音盤たち――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年08月23日 20:30

更新: 2013年08月23日 20:30

ソース: bounce 357号(2013年7月25日発行)

ディスクガイド/轟ひろみ、出嶌孝次



Serani Poji 『MERRY GO ROUND JAILHOUSE』 WAVE MASTER(2010)

〈セラニ・ポージ〉とは架空の女の子の名前をアーティスト名に冠したユニット。コアメンバーのササキトモコ自身がヴォーカルも担当した本作は、不可思議なキュートさとメルヘンなポップネスをゲーム・ミュージックで象ったような、やさしいテクノ・ポップ集だ。*轟

 

泉まくら 『卒業と、それまでのうとうと。』 術ノ穴(2012)

舌っ足らずにも響くささやきとつぶやきの間に凛とした寂しさや少しの喜びを描き出す女流ラッパーの初作。ファンシー・ドラマーなトラックメイカーたちの演奏する叙情的なサウンドトラックがエモーショナルな場面を演出するほどに、儚い思い出はいつでもファンシー。このあとパスピエと共演したのも納得。*轟

 

marino with ティーポットオーケストラ 『バスタブで朝食を』 STROBE(2012)

中田ヤスタカやハヤシベトモノリの手掛けた『lollipop』で知られる個性的な歌い手の新ユニット作品。おもちゃの楽団ならぬティーポット楽団を率いたカラフルでタイニーな音世界が楽しいです。いたずらな表情でスウィングする“トゥインクルスター”がたまらなくファンシー。*出嶌

 

テツコ 『キャンディーギター』 Sazanami(2013)

〈大人乙女〉なムードを謳う京都のバンドの最新ミニ・アルバム。鈴木秋則の軽くダンサブルな意匠が快い“どこか遠い国みたいな青”など、さばさばしていて奇を衒わない表情と、面倒くさい夢見がちな瞬間が交互に出てくるような脱力系の演奏はまさしくファンシーそのもの。マスタリングは中村宗一郎。*出嶌

 

chocolatre 『Toi Toi Toi!!!』 STROBE(2012)

Cymbalsのように卓越したポップネスをかつてのクラムボンばりに屈託のない幻惑感でくるりと丸め込んだ、ギターレスの3人組バンド(土岐麻子が帯に言葉をよせている)。“MAGIC”“アロー”のように甘さと苦みの入り交じったバンド名そのままに、ファンシーな街角ポップをゆったり披露してくれる。*轟

 

たんきゅん 『ティーパーティーパーティー!』 櫻梅生徒会(2013)

処女リリース“サボッタージュ”が7インチで出たと思ったら……このセカンドは短冊ケース入りの8cmシングルです。みやまゆとチャンユメのコンビは、きらきらした音色と拙げな歌い口で渋谷系ムードの一面を受け継いでみせ、タルトタタンとカヒミ・カリィの間みたいな香りを放ちます。アートディレクションは信藤三雄! *出嶌

 

ハナエ 『恋は神聖ローマ』 ユニバーサル(2013)

ジャケがとてもファンシーだった“神様はじめました”“Boyz & Girlz”に続く最新シングル。3枚連続で組んでいる真部脩一もいかしたファンシーメイカーではありますが、特徴的な彼女の声があってこそ成立するウィスパー・ウィスパー・ポップはこれまでの仕事とはやや異なる。カップリングの“変幻ジーザス”も最高。*轟

インタビュー