こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

〈Sunset Live 2013〉 出演者ガイド

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年07月31日 17:59

更新: 2013年07月31日 17:59

出演者ガイド/荒金良介、石田靖博、一ノ木裕之、金子厚武、澤田大輔、土田真弓、宮本英夫



Sunset Live 2013


日程:9月6日(金)〜8日(日)
会場:福岡・芥屋海水浴場 キャンプ場
出演:【9月6日】アン・サリー/the HIATUS/SPYAIR/チャラン・ポ・ランタン/DOBERMAN/Natural Radio Station/BROWN SUGAR/PES/MONGOL800/RYUKYUDISKO/レキシ/lecca 他
【9月7日】CREAM/☆Taku Takahashi(Tachytelic, m-flo)/THEATRE BROOK/(仮)ALBATRUS/Curly Giraffe/カルメラ/高田漣/RIP SLYME/金原千恵子 Sunset Special Session 他
【9月8日】KEITA/EGO-WRAPPIN' AND THE GOSSIP OF JAXX/在日ファンク/SALU/SOIL&“PIMP”SESSIONS/藤原ヒロシ+INO hidefumi BAND/RHYMESTER 他
http://www.sunsetlive-info.com/



KEITA_A



KEITA 『SIDE BY SIDE』 ポニーキャニオン(2013)

w-inds.でも積極的に展開してきたR&Bと真摯に対峙し、自身のソロ・アルバムではその方向性をとことん純化したアーバン・ポップを提示してみせたKEITAこと橘慶太。ソリッドなビートをガッチリ搭載したアップ・チューンは、タイトなダンス・パフォーマンスと併せて会場を熱く沸騰させるだろうが、その一方で、極上のスロウの数々にも期待したい。彼の艶やかな歌声が映えるスウィートな“Nice & Slow”を夏の終わりのビーチで聴いたら……想像しただけでトロットロに溶けてしまいそう! *澤田

 

SPYAIR 『MILLION』 ソニー(2013)

昨年末の武道館公演を機にDJ ENZEL☆が脱退したが、4人体制で初となる新作のリリースを控え、バンドの勢いは加速している。野外ライヴをイメージしたジャケ同様、観客との一体感を意識したスケール感のある曲調が増加。それを体現するだけのパワフルなステージングも期待できるはず。*荒金

 

チャラン・ポ・ランタン 『ふたえの螺旋』 Mastard(2013)

歌い手とアコーディオン弾きから成る、20歳そこそこの姉妹デュオ。彼女たちが奏でる哀愁と毒入りのユーモアを忍ばせたバルカン・サウンドは、黄昏時に似合いそう。見世物的なエンターテイメント性のあるステージングによって、ビーチにサーカス小屋とゴールデン街が立ち現われる!? *土田

 

INO hidefumi 『NEW MORNING - 新しい夜明け -』 INNOCENT(2013)

多様な編成で臨んだ本作を体現するかの如く、自身のバンド・セットと、そこに藤原ヒロシを加えた2ステージに登場するフェンダー・ローズの使い手。貴重な後者では、ダビーな揺らぎを纏った“思えば世界はあまりにも美しい”のメロウ・グルーヴを所望! *土田

 

レキシ 『レキミ』 commmons(2012)

ソウル/ファンクと日本史を基盤にした、池田貴史……レキシネーム的には御館様が操るショウは、爆笑&熱狂体験をお約束。直近のバンド・メンバーは健介さん格さん、蹴鞠changら(誰かは各自調査)が固めているが、もしかしてゲストも? 〈Sunset〉の出演者には、MC母上の名が。*土田

インタビュー