こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

鬼頭隆生:Day 1――初日からアガりまくり!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年08月06日 18:00

更新: 2013年08月06日 18:00

文/鬼頭隆生



初日からアガりまくり!



Brahman_A2
BRAHMAN  photo by Yasuyuki Kasagi



前夜祭でDJ MAMEZUKAがプレイした、「あまちゃん」のオープニングテーマが脳内でエンドレス・リピートされたまま臨んだ初日。まずは韓国からやって来たペッパートーンズを観に〈RED MARQUEE〉へ。2人組にサポート3名を加えた編成で、ギタリストとベーシスト(どちらもメガネ男子)がそれぞれヴォーカルを取る。渋谷系の影響も濃いパワー・ポップという趣で、洒脱なブレイクと甘酸っぱいメロディーが好印象。MCでは日本語と英語で、「バンド初の海外ライヴが〈フジロック〉で嬉しい」と話していた。〈フジロック〉ならではのK-Pop枠として、これからも同地のバンドを招聘してほしいところ。

活動再開を経て〈GREEN STAGE〉に登場したKEMURIは、6年ぶりの出演。「いちばん思い出の多いフェスティヴァルに、戻ってこられて嬉しいです」と伊藤ふみおが笑顔で語った通り、ここで演奏できる喜びを爆発させたような底抜けに明るいパフォーマンスで、キッズも元キッズも、続々とステージ前へ殺到。彼らの音楽が持つポジティヴィティーはいまの時代にこそ求められているはず。



Brahman_A
BRAHMAN  photo by Yasuyuki Kasagi



そして昼下がりのまだまだ暑い時間帯に、管弦楽器も含むリッチなバンド編成で濃密かつ艶めかしい音世界を現出させたライや、特大のヒット・アンセムを連発して大合唱を巻き起こしたファンも良いステージを見せていたが、なかでも圧倒されたのは〈GREEN STAGE〉のBRAHMANだった。「三陸の小さなライヴハウスでも、福島のもう誰も来ないライヴハウスでも、前夜祭でも、〈GREEN STAGE〉……雨の中でも。今日いただいたステージが、俺たちの死に場所。BRAHMAN始めます!」という、2年前の前夜祭での言葉をそっくり踏襲した冒頭のMCに痺れた! そして新作からのナンバーを中心に、曲をノンストップで繋げていく。魂を燃やし尽くさんばかりの苛烈な演奏に、息をすることすら忘れてしまいそうだった。“鼎の問”では福島の原発作業員の写真や言葉をスクリーンに投影するなど、震災以降のモードも色濃いなか、忌野清志郎とのエピソードが語られたのも〈フジロック〉ならでは。マイブラ→BRAHMAN→ナイン・インチ・ネイルズという出順(TOSHI-LOWもネタにしていた)も相応しく感じられる、圧巻のステージだった。



Skrillex_A1
SKRILLEX  photo by Masanori Naruse



〈WHITE STAGE〉のヘッドライナーはスクリレックス。雨はいよいよ本降りとなっていたが、EDM界のトップスターだけあって、場内は早くから人でパンパンだ。ステージ上にはSF映画の戦闘機みたいなセットがしつらえてある。開演時刻を迎えると、スクリーンには〈5:00:00〉と表示され、5分間のカウントダウンがスタートした。刻一刻と迫る主役のお出ましに期待が高まるなか、残り10秒でスクリレックスが戦闘機のコックピットに登場(搭乗)! 即座にヘッドフォンを装着して、群衆を煽る。そしてそのカウントダウンがゼロになった瞬間、轟音で“My Name Is Skrillex”が投下され、会場は一気に沸騰! この日、初めてEDMのショウを大会場で体験したリスナーもいたはずだが、これは忘れられない瞬間になっただろう。その後も十八番のマッシヴなブロステップやデジタル・ダンスホールなどを、レーザー光線やド派手な照明・映像を交えてプレイ。天候は雷雨になっていたが、その稲光すら彼のステージを演出するかのよう。気温は低下していったが、観客はヒートアップする一方だった。フィナーレは“Scary Monsters And Nice Sprites”のピアノ・ヴァージョン。スクリレックスは手でハートマークを象ったり、何度も丁寧にお辞儀をしたかと思えば、舞台袖から日本国旗を掲げて躍り出たりと(しかしステージが雨で滑りやすく、見事にすっ転んでいた)、彼の人柄も伝わってくるライヴだった。



Skrillex_A2
見事に転ぶ photo by Masanori Naruse



その後は〈RED MARQUEE〉でポーター・ロビンソンの尋常じゃないアゲっぷりを観つつ、テントに帰還。初日を終える。



インタビュー