こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

武田 晃:Day 1――〈フジロック〉史上に残る雷鳴

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年08月06日 18:00

更新: 2013年08月06日 18:00

文/武田 晃



〈フジロック〉史上に残る雷鳴



NIN_A
NINE INCH NAILS  photo by Yasuyuki Kasagi



今年で4年連続4回目の参戦と、フジロッカーとしてまだまだ経験は浅いですが、今年は毎年恒例だった前夜祭には行けず、1日目から参加しました。ヘッドライナーのラインナップからしてこれは天候が荒れるなと思っていましたが、やはり。個人的にこれまででいちばんの悪天候。しかし、その自然現象をも演出に変えてしまう強力なアクトの連発にはより感動が増したような気も。

初日は本年度No.1新人の呼び声も高いライに合わせて到着。前評判通りに凄い、到底男性とは思えないヴォーカル、ミロシュの華麗な歌声に苗場の時が止まったようだった。チェロ、ヴァイオリンを含む6人編成のステージとは予想外で、繰り広げられる演奏も実に美しい。ライの美しさに旅の疲れも癒され、一気に〈RED MARQUEE〉から〈ORANGE COURT〉へ移動。



TameImpala_A
TAME IMPALA  photo by Yasuyuki Kasagi



続いては、愛して止まないスパークス。シンセ+歌というミニマムな構成ながら、まるでオペラさながらの演出で、見えてくるシュールな世界観は流石だった。スパークスの途中で後ろ髪を引かれながら、やっぱり一度は観ておきたかったマイ・ブラッディ・ヴァレンタインへ。比較的ポップな曲が中心で、荒々しいフィードバック・ノイズの嵐は圧巻だった! そして、ついに雨が降り出す。次に観たいアクトまでちょっと間が空くので、宿で雨宿りがてらひと休みしていたら思わず寝てしまい……。ふと目覚め、楽しみにしていたテイム・インパラが!!と慌てて〈RED MARQUEE〉へ直行! とっくにステージは始まっていて、観られたのは最後の3曲のみ……。しかもすごい人で前に行けず……。ただ、遠くからでも良いと思わせる確かな技術とサイケデリックな映像は、昨年の私的ベスト・アクトだったスピリチュアライズドを彷彿とさせるものだった。ちゃんと観たかった……。



NIN_A2
NINE INCH NAILS  photo by Yasuyuki Kasagi



そしてヘッドライナーのナイン・インチ・ネイルズ。2009年の〈サマソニ〉で伝説のステージを目撃したしていただけに、今回も絶対に観逃せなかった! まずはトレント・レズナーが1人で登場し、その後メンバーたちが順々に現れて大歓声が起こる。そしてモノクロームな巨大映像が! 次第に強まっていく豪雨のなか、クールでド派手な演出に魅せられた。しかし奇跡はこの後! 名曲“March Of The Pigs”での一瞬の無音の瞬間に雷鳴が!! これには歓声というより悲鳴が起こる。まさに雷雨をも味方に付けてしまうとは……。間違いなく〈サマソニ〉を超えた〈フジロック〉史上に残るパフォーマンスとなったのでは?

そんなステージの余韻に浸りながら、毎年楽しみな深夜部門へ突入……の前に、同じく毎年楽しみにしているグリーンカレー&シンハー・ビールを〈OASIS〉で食す! 今年はこのカレーに何度お世話になったことか。ということで、深夜の一発目はポーター・ロビンソン。EDM界の新星だけあって、流石のブチ上げDJセットだった。続くデス・グリップスがまた凄すぎる! いっさい曲間のない凄まじすぎる超絶ドラムに暴力ラップ、凶暴ノイズは圧倒的にクール!! 興奮する男子と何が起きてるのかわからない様子で唖然とする女子とで真っ二つに分かれていた。この時間にこれは強烈なインパクト! さらにDJシャドウの目を見張るほどの皿捌きには心底唸らされた――ここで疲れて宿へ戻り、初日は終了。



インタビュー