こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

武田 晃:Day 2――痛恨の呑みすぎ!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年08月06日 18:00

更新: 2013年08月06日 18:00

文/武田 晃



痛恨の呑みすぎ!



Jurassic5_A1
JURASSIC 5  photo by Yasuyuki Kasagi



この日も遅めのスタート。ゆったり座りながら奥田民生を観る。しかし、今年の〈フジロック〉はそんなにゆったりはさせてくれない。ここで昨日のナイン・インチ・ネイルズにも勝る豪雨! しょうがなく予定を変更して(本当はスキニー・リスターが観たかった!)雨宿りがてら〈RED MARQUEE〉へ。行ってみると、みんな同じことを考えているのか物凄い人! 超満員のなか雨宿りをしていると美しい歌声が……それはジェフ・バックリーの後継者とも呼ばれるトム・オデールだ。豪雨で身体が滅入っていた観衆は、その歌に癒されていた模様。



Foals_A
FOALS  photo by Masanori Naruse



そして雨も弱くなり、フォールズを待つために〈GREEN STAGE〉へ向かう。3年前の神懸ったパフォーマンスを観ているだけに、期待が高まる。今回もその壮大でダンサンブルなステージは健在だった。海外での人気が高いのか、周りが外人さんばかり。みんな歌っていた。

続いては、ダークスターを捨ててまで観たかったマーク・エルネストゥス・プレゼンツ・ジェリ・ジェリ。野生的なアフリカン・ビートをミニマル・テクノの感覚でこなし、パーカッションがこれでもかと乱れ打たれるライヴはいかにも〈ORANGE COURT〉のステージらしくて楽しい。これまたいかにも〈ORANGE COURT〉らしい甘めのタイカレーも進む。そしてそのまま、カール・ハイドを捨ててまで観たかったダニエル・ラノワへ。大物プロデューサーの風格が漂う精密に作り込まれたサウンドと美しいハーモニーが、〈FIELD OF HEAVEN〉の美しいライティングと相まって現実離れした世界へ誘ってくれた。



Bjork_A1
BJORK  photo by Kenji Kubo



Bjork_A2
BJORK  photo by Kenji Kubo



そしてもっとも楽しみにしていたビョーク! 〈GREEN STAGE〉の観客は今年いちばんの入りとなった。彼女だからこその壮大さで、歌と音、映像、照明に至るすべてがこだわり抜かれていた。苗場の自然と宇宙と観客、そしてビョークとバンド・メンバーが一体となった一大アートと言いたいほどのステージ。終盤にはLFOの凶暴なビートも飛び交って、踊り狂う人もいたっけ。



Jurassic5_A2
JURASSIC 5  photo by Yasuyuki Kasagi



これまでに体感したことのなかった素晴らしいライヴの後は、〈WHITE STAGE〉のトリ、ジュラシック5へ。普段ヒップホップはほとんど聴いていなくて、ジュラシック5といってもカット・ケミストの作品しか聴いたことのない私ですが、これは予想外の2日目ベスト・アクトでした! 超満員、入場規制もかかってたのかな?というなか、陽気でクールなトラックと4人のラップで繰り広げられるパフォーマンスは文句なしにカッコ良く、純粋にとにかく楽しい! お酒も進む進む!! 東京に帰ってきて真っ先に買ったCDがジュラシック5なのは言うまでもない。そんな彼らで楽しみすぎたため、その後まさかの事態に……。

この日の夜もっとも楽しみにしていたモードセレクターですが、〈WHITE STAGE〉から〈RED MARQUEE〉へ向かい、ふたたび〈OASIS〉でグリーンカレー&ビールを楽しんでいたら、呑みすぎで記憶が飛んでしまった……。モードセレクターを観ていたけれど、まったく覚えていない! 友人に〈カッコ良かったよ〉とその後自慢気に言われただけに、悔いの残る一夜となってしまいました……。



インタビュー