こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年10月29日 12:30

更新: 2013年10月29日 12:30

文/荒金良介  写真/三吉ツカサ、小林伸行、葛西龍



今後要注目の若手による清々しいオープニング



AirSwell_1



AirSwell_2



第1回〈Bowline〉の記念すべきオープニング・アクトを務めたのは四国出身のAIR SWELL。11月には彼らに加えて親交の深いMY FIRST STORYら4バンドでのスプリット・アルバム『BONEDS』のリリースを控え、ますますその存在がクローズアップされることは間違いないバンドだ。

11時40分、アップテンポなSEに導かれてメンバー3人が登場すると、いきなり先のスプリット作の冒頭曲“No going back”で幕を開ける。会場はまだ完全には埋まり切っていない状況だったが、彼らは微塵も怯まず堂々たるパフォーマンスを展開。情感こもった伸びやかなヴォーカルが横浜アリーナいっぱいに広がり、3ピースとは思えない重厚な演奏で畳み掛けてくる。1曲目を終えると〈まだまだイケるだろ? かかって来いやー!〉とhamaken(ヴォーカル/ギター)が観客を煽り、フロント2人の動きがよりいっそう激しくなった。それに刺激されたのか、スタンディング席では拳を突き上げてノッている観客の姿が一気に増えていく。おそらく初見の人が多かったと思うが、曲が進むつれて、会場をバンドの空気に変えていく様には頼もしさを感じた。同期を用いたポップな曲を挿みながらも、基本的には男臭さムンムンの骨太ロックが彼らの魅力で、キャッチーなメロディーも好ポイントである。特に、腹の底から絞り上げるようなドスの効いたヴォーカルはパワフルで、セクシーな色気さえ漂わせていた。〈いつもライヴの日は楽しみだけど、今日はビビッてました。でも気持ちいいです!〉とhamakenが正直な心情を吐露すると、ラストは映画仕立てのストーリー性のあるMVも話題を呼んだ“バッドボーイズ セレナーデ”で締め。英語と日本語を自然に交錯させた佳曲で、なかでもサビの突き抜け具合が格好良く、多くの人々の心を捉えていたように思う。〈次は拳が届く距離で〉とメンバーは言っていたが、今度はぜひライヴハウスで観てみたいと思うような、力強いショウだった。



AirSwell_3



AirSwell_4



AirSwell_5



【SETLIST】
No going back
Kick it!! Knock it!!
I will pay back
アンビヴァレンス
バッドボーイズ セレナーデ



インタビュー