こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

マキシマム ザ ホルモン

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年10月29日 12:30

更新: 2013年10月29日 12:30

文/高橋智樹  写真/浜野カズシ



そっちの肉食か!



MaximumTheHormon_1



〈勢いのある若手、素晴らしい大先輩に囲まれた、10-FEETとわれわれの中間管理職、いかがでしょうか?〉というナヲのMCで巻き起こった横浜アリーナ一丸の大爆笑を、〈若手にも、大先輩にも、負ける気はしません! お前らにも、負ける気しねえからな!〉のコールで轟々たる大歓声に変え、〈三度の飯より?〉〈飯が好き!〉の一大コール&レスポンスへ――〈Bowline〉のオフィシャル・サイトで公開されていた動画〈ジャン・ケン・ジョニーのガゥガゥBowline(仮)〉でも、Johnnyから〈肉食以外ノ何者デモナイデス! ムシロ肉デス、肉ソノ物デス!!〉の称号(?)を与えられていたマキシマム ザ ホルモン、まさに血沸き肉躍るだけでは到底済まない爆裂アクトを見せてくれた。

1曲目から鉄壁アンセムの激烈ハードコア・ダンス・ナンバー“恋のメガラバ”で場内丸ごとモンキー・ダンスとヘッドバンギングとクラップとシンガロングが渦巻く沸点超えの狂騒空間へと叩き込んでみせたホルモン。巨大な空間を震わせるナヲの獰猛なリズム、上ちゃんのエッジ立ちまくりなベース・プレイ、ダイスケはんの熱量だだ漏れな壮絶シャウト、そして場内の誰よりも激しくヘッドバンギングしながら、あたかもギターの鬼神のような爆音をぶち上げてみせるマキシマムザ亮君。その勢いのまま次の曲へ……と思いきや、〈来たぜBowline! ヤバイ! 横浜アリーナだって。マジウケるんですけど! 私、とんねるずとユニコーンでしか来たことないんですけど(笑)〉というナヲのMCから、超リラックス・モードのMC大会へと突入していく。



MaximumTheHormon_2



MaximumTheHormon_3



ナヲ 「今日ヤバくないすか、このメンツ?」
ダイスケはん 「みんなお金払ってでも観に来たいよね、これね?」
ナヲ 「払って観に来てんの! 今日は〈肉食ばっかり集まってる〉って、楽屋見てすぐわかったから。なぜかっつうと、他のイヴェントより楽屋にギャルが多い。そっちの肉食か!って(笑)」
ダイスケはん 「さっきケータリング・ルーム行ったら、Crossfaithが〈今日のケータリング、マジ神だわ!〉って言ってたもん(笑)」
ナヲ 「今日、出演者であたしだけなんですよ、女子がね? でも女子トイレがいっぱいで全然●●●でけへん!」

……次の曲を催促するような亮君のギター・ノイズでようやく演奏再開、ここからは実に6年ぶりにリリースされた最新作『予襲復讐』からの楽曲を連射! 上ちゃんの極太ベースから雪崩れ込んだ“便所サンダルダンス”でオーディエンスの衝動を突き上げてでっかいクラップを巻き起こし、亮君の鋭利なリフが赤黒く轟いた“ビューティー殺シアム”ではスタンディング・エリアに猛烈なサークルを生み出していく。どこまでもヘヴィーで、ハードコアの塊のような音像の果てから、途方もない生命力を引きずり出していく、ホルモンの真骨頂と言えるステージを展開。ダイスケはんの〈僕は以前、BRAHMANのTOSHI-LOWさんに「鼻毛が出てる」とRISING SUN ROCK FESTIVALで指摘されました! 鼻毛出たっていいじゃないですか! そんな俺たち4人でも、今日出たバンド、そしてここに集まったお前たちには、負ける気は一切しません! 3コードあれば、お前らなんかフルボッコ!〉というMCを挿んで叩きつけられたのは、もちろん超重量級スラッシュ・ナンバー“ロックお礼参り~3コードでおまえフルボッコ~”。骨太なパンク感とメタルの切れ味を併せ持ったこの曲が、場内から高々とシンガロングを湧き上がらせる。



MaximumTheHormon_4



MaximumTheHormon_5



〈横浜アリーナ! 踊ろうぜ!〉というダイスケはんのコールと共に突入したのは、上ちゃんのチョッパー・ベースが冴える『ぶっ生き返す』からのファンキーなナンバー“ビキニ・スポーツ・ポンチン”。ダイスケはんの煽りに応えるように、会場一面がハンドウェイヴで埋め尽くされていく。〈おしゃべりガゥガゥおじさんありがとう!〉(ナヲ)とMAN WITH A MISSIONに感謝を伝えた後、恒例の〈麺かたコッテリ!!〉は今回、〈反るヴァージョン〉ではなく〈跳ぶヴァージョン〉で決行。〈セキュリティーも座れ!〉と全員座らせたところで、会場一丸となっての大ジャンプ! 最後は“恋のスペルマ”の轟音沸き返るヘヴィー・ディスコをかますと、クラップとジャンプとサークルが次々に巻き起こり、亮君の凄絶なギター・サウンドとダイスケはんの怪鳥音スクリームが響き渡って……終了。ナヲの〈よっしゃー!〉の絶叫が、ホルモンとオーディエンスの描き出した熾烈なエンターテイメント空間への祝砲のように、どこまでも爽快に響いた。



【SETLIST】
恋のメガラバ
便所サンダルダンス
ビューティー殺シアム
ロックお礼参り~3コードでおまえフルボッコ~
ビキニ・スポーツ・ポンチン
恋のスペルマ



インタビュー