こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

DJ HAZIME

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2014年01月29日 18:01

更新: 2014年01月29日 18:01

ソース: bounce 361号(2013年11月25日発行)

インタヴュー・文/猪又 孝



審美眼が発揮された9年ぶりのリーダー・アルバム!!



DJHazime_A

DJ仕事は月平均20本。つまり、2日に1回以上は全国のどこかのフロアを盛り上げているDJ HAZIME。人気/実力共に日本屈指の彼が、9年ぶりとなる自身2枚目のプロデュース・アルバム『AIN'T NO STOPPIN' THE DJ VOL. 2』を作り上げた。

最近の彼のヒット作と言えば、今夏に第3弾がリリースされた〈Manhattan Records "THE EXCLUSIVES" JAPANESE HIP HOP HITS〉という名のミックスCDシリーズ。これらに収録される新録曲は毎回話題となってきたが、特に2010年に発表されたANARCHY、DABO、KREVAが参加した“I REP”(本作にも収録)は普段クラブに行かない音楽ファンにも浸透、いまだ人気を誇るクラシックだ。

「あの曲のヒットは、こうやって曲を作る作業がまた好きになるきっかけになった感じ。しかも、自分でトラックは作らず、曲を作るっていうやり方でね」。

そう、本作のポイントはHAZIME自身がトラックメイクを行っていないところ。現場で培った幅広い交友録とキャリアに裏打ちされた確かな審美眼で才能豊かなラッパーと辣腕のトラックメイカーを選び、彼らを絶妙に組み合わせることでさらなる面白味を生み出している。これぞまさに、素材(曲)をいろいろ集めてきてそそる献立(現場)を作るDJの妙技、醍醐味だ。

「自分でビートを作っちゃうとまず自分のビートのことを気にしなきゃいけないし、全体像が見えにくくなる。だから、単純に良いトラック、単純にカッコイイと思うラッパー、それを合わせたらどうだろうって」。

本作の主要トラックメイカーは、盟友DJ WATARAIと新鋭のJOE IRON。後者は「BIGZAM feat. DABO, MICHO & JIROの“TOKYO HEADZ”を聴いてヤバいと思った」という、最近頭角を現してきた日系4世のプロデューサーだ。

久々にMUROのラップが聴ける“Intro”はWATARAI産。K.O.D.P.の2人の合体に歓喜するヘッズも多いだろう。そのWATARAIが珍しくセンティメンタルなトラックを手掛けた“Back To Back(Still Luv H.E.R.)”は、JAZEE MINORとSALU、サイプレス上野というユニークな顔ぶれを実現させた。

「この歌詞は女の子とヒップホップを重ね合わせてるんです。ヒップホップIQが高い人は感づくと思うけど、コモンのあの曲の現代版。なおかつもっとぼやかしてる」。

SIMONとAKLOという中南米の血が入っている2人がスペイン語と日本語のチャンポンでラップする“ウルティマ ノチェ(最後の夜)”は、JOE IRONによるレゲトン+ヒップホップ曲。ラテンで騒がしいノリのナンバーだ。SIMONとYOUNG HASTLEによる先行シングル“My AJ”もJOE IRON作で、こちらはサウス、ダブステップ、トラップを意識した現行US系のフロア対応型ビート。リリックには〈踏まれたらマジ怒るのに酔って自分で酒こぼす〉というファニーなパンチライン(というか、あるある)があって、そこにHAZIMEの「マジメにふざける」というプロデュース流儀が覗く。

「クラブで流行らせたいけど、〈クラブで騒ごう、イエイイエイ〉っていう曲を作っても絶対流行らないと思ったから。クラブに来る人たちって少なからず洋服が好きじゃないですか。そういう人たちに共通するものって何だろうと考えたときに、靴はみんな履くし、革靴でクラブには来ないだろうと。で、スニーカーとなると〈AIR JORDAN〉だよなって。聴いて共感できるところもある程度あったほうがいいなと思っていたんです」。

PUSHIM & RHYMESTERによる“そして誰もが歌い出す”には〈以前とは違う基準になっちまった数値の中で/響くのはどんなミュージック〉という一節がある。DJ HAZIMEはこれからのDJが響かせる音楽にどんな要素が必要だと思っているのか、最後に訊いてみた。

「俺は全部だと思ってます。喜怒哀楽のすべてをDJが演出できるようになるのが理想。そのためには今回のように自分で作る音源も必要だし、現場の作り方も大事。DJはハコの大黒柱だと思ってますから。その人がコケたら全部コケる、店も潰れる。そういう意識でやらないとダメだし、DJってすごい重要なポジションだと思ってるんですよ」。



▼関連盤を紹介。
左から、SIMONの2013年作『B.U.I.L.D.』(STREET OFFICIAL)、AKLOの2013年のEP『NEW DAYS MOVE』(ONE YEAR WAR/LEXINGTON)、"E"qualのニュー・アルバム『HYBRID』(MS)、YOUNG HASTLEの2012年作『Can't Knock The Hastle』(STEAL THE CASH)、SALUの2013年作『In My Life』(ONE YEAR WAR/トイズファクトリー)

 

インタビュー