こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

まずはここから聴いてみてね!!――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2014年01月29日 18:01

更新: 2014年01月29日 18:01

ソース: bounce 361号(2013年11月25日発行)

ディスクガイド/北野 創、轟ひろみっくす



YUKSTA-ILL 『Tokyo Ill Method』 WDsounds/Pヴァイン(2013)

東海シーンで活躍するラッパーが、東京生まれのビートに言葉を重ねたイルマティックなコラボEP。手を組んだのはGRADIS NICEに16FLIP、ONE-LAW、BUSHMIND、PUNPEE、そしてKID FRESINOという6組。スキルフルで快い耳触りと黒く淀んだ都会のドープネスがよく馴染む。*轟

 

VANADIAN EFFECT 『VANADIAN EFFECT』 VLUTENT(2013)

Fragment曲への参加もまだ記憶に新しい、東京は足立区の地下から這い出してきた怪しげな4MCユニット。胡散臭さも集団で醸しながらOMSBからjjj、Olive Oilなど、凄腕ビートメイカーたちを起用したドープな音にノリノリ。レーベルメイトたるJZAの黒い手捌きもしっくりマッチしている。*轟

 

BCDMG 『Ordinary Life』 VYBE(2013)

YOUNG FREEZの出番やAKLOのソロ・チューンをHAZIME作品と聴き比べてみるのも一興な、敏腕チームのリーダー作。イメージ以上に手の合ったB.D.とfebbの“Boss”をはじめ、サンプリングにも改めて手を染めた黒さが刺激的だ。*轟

 

VARIOUS ARTISTS 『CRAWL』 UNDER THRONE(2013)

DOWN NORTH CAMP、Fla$hBackSなど日本のMC勢と、NYヒップホップのハードな面を支えてきたビートマイナーズの野太いビートが組み合うコンピ。DUSTY HUSKYらDLIP組もハマリ役だが、相変わらず飄々と語るERAが凄い! *北野

 

MACKA-CHIN 『incompleteness theorem』 Pヴァイン(2013)

NITROきってのかぶき者がGRUNTERZ製の王道サンプリング・ビートに身を預け、シンセ・トラック全盛の現代への反骨心をもって自身の立脚地を改めて示したソロ作。そのアンチな姿勢こそがいまも現役感を保っている一因だろう。*北野

 

B.D. 『ILLSON』 Pヴァイン(2012)

HAZIMEにも繋がる東京勢たちの活躍がふたたび目立ってきた昨今。ONE-LAWやRYUZO作品での振る舞いもメチャ良い感じだったB.D.が12月に新作『BALANCE』を投下! それまではこの充実した前作を聴いて待ちたいところ……。*轟

記事ナビ

インタビュー