ショッピングカート
Soul/Club/Rap
CD
Tim
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2024年7月13日(土)0:00~7月15日(月・祝)23:59まで![※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入 (International Version)

パッケージ仕様

-

発売日

2019年06月07日

規格品番

7768534

レーベル

SKU

602577685347

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
世界のダンス・ミュージック、音楽シーンに多大なる影響を与えたプロデューサーAvicii(本名:ティム・バークリング)の悲劇的な死から1年。
残された楽曲達とティムのメモ書き、メールのやりとり、テキスト・メッセージを元に彼の意思を受け継いだ共同プロデューサー陣が世界中のファンたちと共有することを願う家族の強いメッセージと共に完成させたアルバム。
発売・販売元 提供資料 (2019/05/20)
NME (Magazine) - 3 stars out of 5 -- "[I]ts addition to Avicii's back catalogue will come as great comfort to both the fans and family of the late DJ..."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:38:52

Audio Mixers: Kevin Grainger; Julio Rodriguez Sangrador. Liner Note Author: Katie Bain. Photographer: Sean Eriksson. On April 20, 2018, the world lost Tim Bergling, better known as EDM crossover hitmaker Avicii. Over a year after his death, the first posthumous collection of music was released as Tim. Backed by his family and completed by a team of producer friends, the set serves as a decent memorial to one of the most popular electronic acts of the 2010s. While much of the album still feels unfinished -- versions of these songs were recorded between January and April of 2018 -- Bergling's final thoughts and sonic visions are handled respectfully, though with varying results. There are only a handful of moments that match his festival-shaking peak, while the rest of the album relies on passable EDM-pop stylized in the vein of acts like Zedd, Seeb, and Marshmello. Of the production teams, Vincent Pontare and Salem Al Fakir (aka Vargas & Lagola) deliver the best product, elevating "Peace of Mind," "Tough Love," and "Excuse Me Mr Sir" above the pack. A generic middle stretch is bookended by Tim's other highlights, which benefit from a group of high-profile guest stars, of which there are two clear standouts. Incidentally, these songs are also the most recognizably "Avicii," likely owing to the fact that they were the most complete at the time of his death. The first is the uplifting anthem "Heaven," which features Chris Martin. Recorded during the same sessions as Coldplay's "A Sky Full of Stars," it's the sonic sequel to that 2014 hit single, soaring into the titular ether with its joyous melody and Martin's ever-inspirational vocals. On the other end of the spectrum is "Heart Upon My Sleeve," which takes an urgent instrumental from 2013's True and slaps Imagine Dragons' Dan Reynolds' aggressive and tortured growls over chest-rumbling bass and ominous drops. It's the one song on Tim that feels most like a classic Avicii track. Elsewhere, Aloe Blacc -- of "Wake Me Up" fame -- returns to honor his late friend with "SOS," a serviceable jam whose playful production belies pained lyrics. On bittersweet closer "Fades Away," Avicii veteran Noonie Bao bids him farewell with swelling orchestral heft and a trademark Avicii beat as she sings "Don't you love it how it all/It all just fades away." It's a sad but appropriate way to end Tim, a project of love that allows those closest to him to extend his legacy, while giving fans a way to mourn him in a manner he might have preferred: dancing with open arms toward a more hopeful tomorrow. ~ Neil Z. Yeung

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Peace Of Mind feat. Vargas & Lagola
      • 2.
        Heaven
      • 3.
        SOS feat. Aloe Blacc
      • 4.
        Tough Love feat. Agnes, Vargas & Lagola
      • 5.
        Bad Reputation feat. Joe Janiak
      • 6.
        Ain't A Thing feat. Bonn
      • 7.
        Hold The Line feat. A R I Z O N A
      • 8.
        Freak feat. Bonn
      • 9.
        Excuse Me Mr Sir feat. Vargas & Lagola
      • 10.
        Heart Upon My Sleeve feat. Imagine Dragons
      • 11.
        Never Leave Me feat. Joe Janiak
      • 12.
        Fades Away feat. Noonie Bao
レビュー
  • 前提や背景を共有されすぎていることが作品にとって幸福なのかどうかはともかく、一定の段階まで完成していたとされるトラックや生前に温められていたというアイデアを組み合わせてパッケージされたニュー・アルバム。過剰なトリビュート感を演出することもなく、"Hey Brother"(2013年)の頃から関わってきたヴァーガス&ラゴラや、"Broken Arrows"(2015年)や"Without You"(2017年)など近作に貢献してきたカール・フォークらスウェーデンの仲間たちが援護した〈通常モード〉の制作プロセスも、アルバム全体が備えたパーソナルな雰囲気を最大限に演出している。
    全体的には『Avici(01)』(2017年)の頃のユーフォリックな作風の延長線上にあるシンプルなシンセ・ポップ集で、モダンなトリートメントの成果として今風のカリビアン~エキゾな情緒もソフトに纏っているあたりは、当然ありえたスタイルの変遷として違和感なく楽しめるものだろう。どこかエド・シーランっぽいと思ったらTLC"No Scrubs"を引用していた"SOS"では馴染み深いアロー・ブラックが朗々と歌い、コールドプレイ"A Sky Full Of Stars"(2014年)と同時期にクリス・マーティンと共作していたという"Heaven"、東洋的なサイケデリアの漂う"Tough Love"、坂本九"上を向いて歩こう"の物寂しい口笛をサンプリングした"Freak"あたりは弧を描く毎度のアヴィーチー節が堪能できるハイライトだ。意味深に受け止めざるを得ないホーリーな"Peace Of Mind"で幕を開け、メランコリックなダウンテンポ"Ain't A Thing"などで美麗な色合いを倍加しつつ、どこかへ駆け出していくラストの"Fades Away"で最後にふと立ち止まるような終わり方が何とも言えず印象的。
    bounce (C)出嶌孝次

    タワーレコード (vol.428(2019年6月25日発行号)掲載)

  • 突然の悲報から1年余り、ついに噂されていた作品が日の目を見た。本作はまぎれもなく、アヴィーチー=ティム・バークリングの『True』『Stories』に続く通算3枚目のアルバムだ。生前のライヴ・セットに組み込まれ、音源化が待望されていた数曲はもちろんのこと、制作途中であった楽曲をコラボ・アーティストやスタッフの手によって完成に漕ぎ着けたのは全部で12曲。彼のリアルネームを冠し、いわゆるEDMが持つ華美で豪奢なアレンジは極力影を潜めており、あるのは等身大の〈アヴィーチー〉の姿。それゆえメロディーメイカーとしての突出した才能を改めて感じざるを得ない作品となっている。
    幾度となく共演を果たしたコールドプレイのクリス・マーティンが歌い上げ、美しい旋律のリフレインが感動的な"Heaven"、代表曲"Wake Me Up"でヴォーカルを務めたアロー・ブラックを迎えた哀愁ミディアム"SOS"、イマジン・ドラゴンズをフィーチャーしたダイナミックなアンセム"Heart Upon My Sleeve"など、一聴して彼のものとわかるフックのあるメロディーが溢れた楽曲ばかり。さらに坂本九"上を向いて歩こう"のメロディーをサンプリングした"Freak"にはどうしてもセンティメンタルな気持ちにさせられてしまう。まだ200を超える未発表曲があるとも言われているし、いつかはまたそんなサプライズを期待しつつ、いまは本作を聴きながら〈ティム〉の存在を近くに感じていたい。
    bounce (C)藤堂てるいえ

    タワーレコード (vol.428(2019年6月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント20倍
398pt
販売価格(税込)
¥ 2,190
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しい物リストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
15
(公開: 0 人)
コレクション登録者
8
(公開: 0 人)
フラゲ対象の詳細を表示するポップアップ
北海道・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・
山口県・四国・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。

北海道・山口県・九州・沖縄県

フラゲ注文受付期間は地域によって異なります。
お住まいの地域をご確認ください。