ショッピングカート
クラシック
LPレコード
ベルリン・フィル伝説のコンサートマスター第3集~ゲルハルト・タシュナー ベルリン・フィルとの協奏曲編<完全限定生産盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年5月11日(火)11:00~5月16日(日)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

-

発売日

2020年07月22日

規格品番

TALTLP066

レーベル

Altus

SKU

4543638300662

商品の紹介
アーベントロート、フルトヴェングラーに認められた逸材
タシュナーがベルリン・フィルをバックに弾いた協奏曲2題

MELOLP-017/8、MELOLP-019/20に続くベルリン・フィルのコンサートマスターに焦点を当てたシリーズ、今回はTAHRAレーベルから、ゲルハルト・タシュナーの音源を初LP化!LP用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上でLP化しております。第3集はショルティ指揮のベートーヴェン、マタチッチ指揮のドヴォルザークを収録した協奏曲アルバム。ベルリン・フィルをバックにタシュナーの力強いソロが飛翔します。マタチッチとのドヴォルザークは、放送局の資料が混乱し演奏者不明となっていたりフルトヴェングラー指揮となっていたりしていた音源のようで、TAHRA社主のトレミーヌ氏が演奏会記録と付け合わせタシュナー、マタチッチの演奏と判断し発売したもの。その過程も解説書で日本語訳されていて興味深い内容です。

ゲルハルト・タシュナーはチェコスロヴァキアとポーランドの国境に位置するイェーゲルンドルフ(現クルノフ)生まれ。母親は卓越したヴァイオリニストでした。1929年プラハで弱冠7歳にしてデビュー。イェネー・フバイ、ブロニスラフ・フーベルマンらに師事。若き才能を見出したアーベントロートに紹介されてフルトヴェングラーと出会い認められ、1941年から1945年までベルリン・フィルのコンサートマスターを務めます。1944年にはドイツ軍の護送付きでヘルシンキに渡り、作曲家の御前でシベリウスの協奏曲を演奏。戦後も協奏曲に室内楽にと活躍を続け、ピアニストではファルナディやギーゼキングと共演を多く重ねました。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/06/23)
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 00:00:00

日本語帯・解説付

エディション | Remaster

【曲目】
ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 61
[LP1-A]第1楽章
[LP1-B]第2・3楽章

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 Op. 53
[LP2-A]第1楽章
[LP2-B]第2・3楽章

【演奏】
ゲルハルト・タシュナー(ヴァイオリン)
[LP1]ゲオルク・ショルティ(指揮)
[LP2]ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
[LP1]1952年3月24日/ベルリン、[LP2]1942年11月26日/ベルリン
    • 1.
      [LPレコード]
      【A面】
    • 【B面】
    • 2.
      [LPレコード]
      【A面】
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
ポイント15倍
2,100pt
販売価格(税込)
¥ 15,400
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加