ショッピングカート
クラシック
LPレコード
ラビリンス<完全生産限定盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
期間限定スペシャル・プライス
開催期間:2021年5月11日(火)11:00~5月16日(日)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年02月19日

規格品番

19439795771

レーベル

Sony Classical

SKU

194397957716

作品の情報
商品の紹介
奔放な解釈、繊細な表現で知られるピアニスト、カティア・ブニアティシヴィリの新作は、幅広い時代からセレクトされた色とりどりの作品集

奔放な解釈、繊細な表現が高く評価されるカティア・ブニアティシヴィリの新アルバム「Labyrinth=迷宮」。彼女のお気に入りを集めたというこのアルバムですが、とにかく選曲がユニーク。クープラン、スカルラッティ、バッハなどのバロック期の作品からモリコーネ、ペルト、ゲンスブールをはじめとした近現代作品まで幅広い時代から多彩な曲が並びます。中にはあの「4分33秒」まで。アルバム・コンセプトは"多彩で気軽に聞ける幅広い聴衆にアピールする1枚"とあり、いつもなら聴き手を翻弄するブニアティシヴィリも今回は方向転換を図ったようですが・・・。

冒頭の「デボラ」のテーマから想定外の世界に引きずり込まれます。低音の深い一撃で始まるおなじみの旋律。旋律そのものは美しいのですが、纏う雰囲気があまりにも不可思議。良く知っているはずの曲なのに・・・。その時、すでに聴き手の心は迷宮に入り込んでいます。サティやショパンのゆったりとした曲が続き、リゲティで感覚を揺さぶられ、突如バッハで現実の世界に戻されます。ここでは彼女の姉グヴァンツァがデュオに参加。その後も基本的にゆったりとした曲でブニアティシヴィリは聴き手を異世界へと誘います。彼女が見せる様々な異世界を堪能したあと、ジョン・ケージの「4分33秒」で現実の音を少しだけ。最後はバッハのアダージョで締めくくるという1枚。ブニアティシヴィリの個性はますます磨きがかかっています。
ソニー・ミュージック
発売・販売元 提供資料 (2020/09/04)
Pianist Khatia Buniatishvili specialized mostly in virtuoso repertory in the early years of her tenure with the Sony Classical label, but she goes in a different direction with Labyrinth, a collection of mostly slow, reflective pieces from various periods and in various styles. The labyrinth involved might be a winding path through musical styles or through an individual soul. The program is of the sort that one shouldnt try to hard to pin down; Buniatishvili posted on social media (October 9, 2020) that the voice you hear is the voice of a human being -- my voice, your voice, but its quite evocative. Buniatishvili makes turns through Bach, jazz, Romantic music, contemporary pieces, including a large Philip Glass excerpt, and more. Yet for the most part, she maintains the sense of a thread connecting the pieces, although some may feel that the four-hands arrangement of the Badinerie from the Bach Orchestral Suite No. 2 in B minor, BWV 1067, where she teams with her sister, Gvantsa Buniatishvili, adds material that breaks the mood. The meditative quality reaches its peak, in a sense, with the inclusion of John Cages 433 -- four minutes and 33 seconds of silence, wherein listeners are invited to contemplate their sonic environments as the time elapses. Its an unorthodox choice, especially on recordings, but its placement here is apt. Did she sit at the keyboard for the requisite time? Who can know? Sonys sound, from the Pierre Boulez Room in the Paris Philharmonie, is ideal. Fans of the fiery Buniatishvili will be intrigued by this new path from the pianist.
Rovi
収録内容

構成数 | 2枚

【曲目】
<LP1>
A1. モリコーネ:映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』~「デボラのテーマ」
A2. サティ:ジムノペディ第1番
A3. ショパン:24の前奏曲 第4番ホ短調Op.28-4
A4. リゲティ:練習曲第5番「虹」
A5. J.S.バッハ:管弦楽組曲第2番ロ短調BWV.1067~バディネリ(4手版)
B1. J.S.バッハ:管弦楽組曲第3番ニ長調BWV.1068~G線上のアリア
B2. ラフマニノフ:ヴォカリーズOp.34-14(アラン・リチャードソン編)
B3. セルジュ・ゲンスブール:ラ・ジャヴァネーズ
B4. ヴィラ=ロボス:苦悩のワルツ
<LP2>
A1. F.クープラン:謎の障壁(神秘的な障壁)
A2. J.S.バッハ:協奏曲ニ短調BWV.596~シシリエンヌ(原曲:ヴィヴァルディ)
A3. ブラームス:間奏曲Op.118-2
A4. アルヴォ・ペルト:パリ・インテルヴァロ(断続する平行)
B1. フィリップ・グラス:映画『The Hours(めぐりあう時間たち)』より「I am going to make a cake」(マイケル・リースマン&ニコ・マーリー編)
B2. D.スカルラッティ:ソナタ ニ短調K.32
B3. リスト:コンソレーション第3番
B4. ジョン・ケージ:4分33秒
B5. J.S.バッハ:協奏曲ニ短調BWV.974~アダージョ(原曲:マルチェッロ)

【演奏】
カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)
グヴァンツァ・ブニアティシヴィリ(ピアノ:<LP1> A-5, <LP2> A-4)

【録音】
2020年6月16-20日、フィルハーモニー・ド・パリ、グランド・サル「ピエール・ブーレーズ」
    • 1.
      [LPレコード]
    • 2.
      [LPレコード]
レビュー
  • ブニアティシヴィリの小作品集のリリースは、2014年に発売された『マザーランド』以来、実に6年振りになるだろうか。本作は、彼女が好んでいる作品ばかりが選曲収録されており長年のファンの心を鷲づかみにしてくれている。1曲目の《モリコーネ:デボラのテーマ》。1音、1音が実に繊細でじっくりと聴かせてくれている。心に響く演奏だ。その美しき余韻もさめやらぬ中、ブニアティシヴィリの調べは私達聴き手をその音楽に誘い続けてくれる。時に情熱的で激しく、時に哀愁漂う演奏。また今回のアルバムでは、姉のグヴァンツァとも共演している点も楽しみの一つといえよう。
    intoxicate (C)飛田陽海

    タワーレコード (vol.149(2020年12月10日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
466pt
販売価格(税込)
¥ 3,890
¥ 467(12%)オフ
¥ 3,423
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加