ショッピングカート
クラシック
LPレコード
ヨウラ・ギュラーの至芸 ソロ編<完全限定生産盤>
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

開催期間:2021年5月11日(火)11:00~5月16日(日)23:59まで! [※期間中のご予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

2

国内/輸入

輸入盤:国内流通仕様

パッケージ仕様

-

発売日

2020年09月19日

規格品番

TALTLP072

レーベル

Altus

SKU

4543638300723

商品の紹介
幻のピアニストによる妖艶なソロ録音!
えも言われぬ魔力を孕んだ打鍵が心を抉ります。
貴重なインタビューも日本語訳付きで収録!

廃盤久しいTAHRAレーベルの音源をALTUSがライセンスし、最新リマスタリングを施した上で製品化。貴重なヒストリカル音源の初LP化です。

アルゲリッチも惚れ込んだ伝説のピアニスト、ヨウラ・ギュラー。絶品にして妖しい魅力をまとったショパンは録音状態も良く、彼女の音楽性が十二分に味わえるものとなっています。特に夜想曲はステレオ録音で残されており大変貴重。シューマンの交響的練習曲は重厚かつ怒涛の快演で、迫力ある強靭な打鍵に打ちのめされます。そして一風変わったレパートリーに感じられるアルベニスがまた濃厚。リズミックでいて洒脱と退廃が入り混じったような独特な音色を持ち、えも言われぬ魔力を放っています。本人の肉声を収録したインタビューも収録しており、解説書には日本語訳を掲載。

ロシア人の父、ルーマニア人の母を持ちマルセイユで生まれたヨウラ・ギュラー(1895-1980)は幼いころから神童として活躍、パリ音楽院を首席で卒業した名手でありながらその美貌もすばらしく、映画女優にスカウトされたほど。エネスコ、フランチェスカッティ、シゲティらと共演し、アインシュタインのヴァイオリンとも演奏したことがある彼女の録音物は決して多くなく、残されたひとつひとつがたいへん貴重で、熱烈な愛好家がいることで知られています。
キングインターナショナル
発売・販売元 提供資料 (2020/08/24)
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 00:00:00

日本語帯・解説付

エディション | Remaster

【曲目】
[LP1-A]
(1)シューマン:交響的練習曲 嬰ハ短調 作品13
[LP1-B]
(2)ショパン:舟歌 嬰ヘ長調 作品60
(3)〈フランツ・ワルターによるインタヴュー〉
[LP2-A]
(4)ショパン:マズルカ第20番 変ニ長調 作品30-3
(5)ショパン:マズルカ第28番 ロ長調 作品41-3
(6)ショパン:マズルカ第17番 変ロ短調 作品24-4
(7)アルベニス:『イベリア』第2巻より「 トゥリアーナ」
[LP2-B]
(8)ショパン:夜想曲第7番 嬰ハ短調 作品27-1
(9)ショパン:夜想曲第4番 ヘ長調 作品15-1

【演奏】
ユウラ・ギュラー(ピアノ)

【録音】
(1)(4)(5)(6)1962年4月6日(モノラル)
(2)1960年2月17日(モノラル)
(3)1958年1月15日(モノラル)
(7)1961年4月7日(モノラル)
(8)(9)1975年10月20日(ステレオ)
    • 1.
      [LPレコード]
      【A面】
    • 【B面】
      • 2.
        <フランツ・ワルターによるインタヴュー> (モノラル)
        00:00:00
    • 2.
      [LPレコード]
      【A面】
      • 4.
        『イベリア』第2巻より「トゥリアーナ」 (モノラル)
        00:00:00
カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
ポイント15倍
2,100pt
販売価格(税込)
¥ 15,400
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加