ショッピングカート
クラシック
CD
忘れられた録音集
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
クラシック スペシャルプライス15%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年04月16日

規格品番

ARIADNE5011

レーベル

Somm Recordings

SKU

4589538764128

商品の紹介
1950年代半ばのセル&クリーヴランドが残した知られざる音源、初CD化。1曲除きCD初出、半数以上がステレオ!

このCDには、ジョージ・セルとクリーヴランド管弦楽団が1954年と55年にアメリカのBook-of-the-Month Clubのために行った録音が収められています。全収録曲のうち、ハイドンの主題による変奏曲を除くすべてが初CD化。録音時点で、セルがラインスドルフからクリーヴランド管を1946年に引き継いで8年余り経っており、後にセル自身が「自分の音楽的理念を完璧に表現できる黄金の楽器」と語ったその関係が、すでに盤石のものであったことがうかがわれます。
1954年のクリスマス・イヴに行われた録音はモノラルながら、伝説的ホルン奏者の一人マイロン・ブルームをフィーチャーしたリヒャルト・シュトラウスの「ティル」や、セルにとって唯一の録音であるバッハ「管弦楽組曲第3番」が聞きものです。当時のアメリカでは、現代オーケストラの機能と編成を活かしたゴージャスなサウンドによるバッハ演奏が主流だったようで、その中で厳格な古典主義者として知られたセルがどのようなバッハ解釈をしていたのか、セルのバッハはほとんど録音が無いだけに興味をそそられます。
1955年の録音は嬉しいことにかなり良好なステレオ。モーツァルトからストラヴィンスキーまで、セルが得意としたレパートリーで端正かつ引き締まった演奏を聴かせてくれます。ブックレット(英語)には、マスタリングを担当したラニ・スパールによる解説が13ページにわたって掲載されています。
*尚、音源は状態良好なLPから採られています。
ナクソス・ジャパン
発売・販売元 提供資料 (2021/01/25)
収録内容

構成数 | 2枚

【曲目】
[CD1]
1-5. J.S.バッハ(1685-1750): 管弦楽組曲第3番 ニ長調 BWV1068
6. スメタナ(1824-1884): 連作交響詩『わが祖国』から「モルダウ」
7. リヒャルト・シュトラウス(1864-1949): 交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」
8-11. モーツァルト(1756-1791): 交響曲第39番 変ホ長調 K.543

[CD2]
1. ブラームス(1833-1897): 大学祝典序曲 Op. 80
2-11. ブラームス: ハイドンの主題による変奏曲 Op. 56a
12-15. シューマン(1810-1856): 交響曲第4番 ニ短調 Op. 120
16-22. ストラヴィンスキー(1882-1971): 火の鳥(1919年版)

【演奏】
ジョージ・セル(指揮)
クリーヴランド管弦楽団

【録音】
オハイオ州クリーヴランド、メイソニック・オーディトリアム
1954年12月24日(MONO)…CD1:1-7
1955年10月19-21日(STEREO)…CD1:8-11、CD2

CD2:2-11以外は初CD化
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(1)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2021/04/23

モーツァルト以降はステレオで、思っていたより良好だが、セル愛好家限定か。最も音質がいいのはブラームスのハイドン変奏曲。ブラ1の旧録音とカップリングされていた時よりもステレオ感が明快。高音、強奏部はさすがに苦しいが、このCDでは一番の音質。シューマンは劇的演奏。終結部の追い込みと締めくくりのティンパニの一発がかっこいい。全般に忘れ去られてはもったいない演奏ばかり。リマスターされないだろうか。

ニュース & 記事
還元ポイント
27pt
販売価格(税込)
¥ 3,590
¥ 539(15%)オフ
¥ 3,051
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加