ショッピングカート
Jazz
LPレコード
Eingya
★★★★★
★★★★★
0.0

お取り寄せの商品となります

入荷の見込みがないことが確認された場合や、ご注文後40日前後を経過しても入荷がない場合は、取り寄せ手配を終了し、この商品をキャンセルとさせていただきます。

ジャズ輸入盤レコード/アナログ10%オフ
LP、12"、10"、7"が期間限定プライスオフ
商品の情報

フォーマット

LPレコード

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2021年07月02日

規格品番

UNSEENRE003

レーベル

Unseen Music

SKU

880918239316

作品の情報
メイン
アーティスト
商品の紹介
Keith Kenniff's second effort as Helios may take a few fans of his other alias, Goldmund, by surprise. Even those who have heard his first Helios full-length (Unomia) will be getting something slightly different, since Eingya moves deeper into post-rock territory. This album is about moods -- digitally constructed moods, yes, but these constructions are powered by typical moody post-rock fuel: delicate piano, soft-spoken guitar, and laid-back drums. That's what the opener, "Bless This Morning Year," is all about and it sets the tone right from the start. "Dragonfly Across an Ancient Sky" is another very strong track in that vein. "Coast Off" offers something slightly different, with choppy computer vocals and an African choir sample running seductively in the background. More ambient, "First Dream Called Ocean" evokes Arve Henriksen's foggy universe. Some field recordings are carefully used throughout the album, and the track list has obviously been sequenced in order to lull listeners into a comfort zone and leave them there. On first listen, Eingya evokes a lot of post-rock bands (and not the worst of them), even though it actually sits somewhere between that genre and a melodic form of experimental ambient. In any case, the music lacks some character to truly leave a mark, but it provides a wonderful listening experience nevertheless. ~ Francois Couture
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

エディション | Reissue

    • 1.
      [LPレコード]
レビュー
  • アップル、グーグルなどのCM音楽、映画スコアの仕事でも有名な作曲家キース・ケニフによるエレクトロニカ名義ヘリオス。この度2006年に発表された2.ndが待望の再発となった。前年にはピアノを軸としたサウンドを聴かせるゴールドムンド名義の『Corduroy Road』がリリースされたが、同じレーベル《Type》から全く異なる音像を生み出したこの2つの作品はそれぞれエレクトロニカ、ポスト・クラシカルの歴史の中で今も燦然と輝く名盤としてリスナーより愛されている。センチメンタルなメロディとアコースティック、電子音の独創的な配置により普遍的な美しさを湛えた逸品。
    intoxicate (C)池田敏弘

    タワーレコード (vol.138(2019年2月10日発行号)掲載)

  • ゴールドムンド名義でハロルド・バッドばりのミニマル・アンビエントを聴かせてくれたキース・ケニフによるニュー・アルバムは、ヘリオス名義での〈哀愁でいと〉な号泣トロニカ。青年コミック然とした青春ジャケットも見事にずっぱまりのおセンチっぷりは、情けないほど狂おしい。丁寧なビートの上で踊るピアノとシンセサイザーの感極まった想い出メロディーに、ただ呆然と物思う……終わりなき夏の新定番です。
    bounce (C)久保 正樹

    タワーレコード (2006年07月号掲載 (P92))

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
26pt
販売価格(税込)
¥ 3,190
¥ 319(10%)オフ
¥ 2,871
販売中
お取り寄せ
発送までの目安:14日~35日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加

サマリー/統計情報

欲しい物リスト登録者
1
(公開: 0 人)
コレクション登録者
0
(公開: 0 人)