こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

羊文学、ザラついたオルタナ・サウンドと繊細かつシニカルな歌詞が話題のスリーピース・バンドによるファーストEP『トンネルを抜けたら』

タグ : J-インディーズ

掲載: 2017年09月07日 12:13

羊文学

塩塚モエカ(Vo.Gt)、ゆりか(Ba)、福田ひろ(Dr)によるスリーピースロックバンド。2016年のフジロック・ルーキーステージへの出演や、ライブ会場および店舗限定で販売された自主制作盤などが話題を呼んでいたバンド、羊文学のファーストEP『トンネルを抜けたら』が10月4日に発売。

瑞々しい感性が導くメランコリックなメロディライン。ストイックで痩せた音に乗って疾走するザラついたリリシズム。初期衝動と才能の片鱗がせめぎ合うソリッドなオルタナティヴロックは楚々とした風情を熱情で切り返すようなハードなリフと内省的な旋律の対比が聴きどころ。



J-インディーズ 最新の情報&タワーレコードのオススメはこちら