こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

メルニコフの新録音はシューベルト、ショパン、リスト、ストラヴィンスキーの4つの作品を4種のピアノで弾き分けたアルバム!

カテゴリ : ニューリリース 

掲載: 2018年01月12日 00:00

メルニコフ


何ごとにも深いこだわりを見せるメルニコフが、ピアノの機能を最大に発揮した難曲4篇を、4種の楽器で演奏・録音することにチャレンジしました。
メルニコフによれば、作曲者が意図したことはふさわしい楽器を用いなければ忠実に再現できないとのこと。そのためには、作曲者が使っていたピアノ、もしくはその時代に周囲にあったものということで4つの楽器、グラーフのフォルテピアノ、色彩豊かなエラール、深みのあるベーゼンドルファー、華麗なスタインウェイを弾き分けています。

どれもメルニコフならではの個性的解釈で面白さの極みですが、ショパンの練習曲が真骨頂。意外なほど思い入れのない「別れの曲」、七色にきらめく「黒鍵」と第1曲、凄みに満ちた「革命」まで一瞬も聴き手を飽きさせません。

またかつてソ連でネイガウスが、「ミスなく弾けるのはギンスブルクだけ」と言った恐るべきリストの「ドン・ジョヴァンニの回想」(オリジナル版)の凄まじい技巧は師リヒテルを彷彿させる大きさ。これも金縛りにあったように動けなくなる演奏です。

さらに凄いのはストラヴィンスキー。スタインウェイがうなりをあげる効果と、やはりロシア物はさすがの説得力。ピアノがメーカーによってこんなにも異なる楽器なのかと実感させてくれます。
(キングインターナショナル)
【曲目】
1.シューベルト:さすらい人幻想曲【グラーフ・フォルテピアノ使用】
2.ショパン:12の練習曲Op.10【エラール使用】
3.リスト:ドン・ジョヴァンニの回想【ベーゼンドルファー使用】
4.ストラヴィンスキー:ペトルーシュカからの三章【スタインウェイ使用】
【演奏】
アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)
【録音】
録音:2016年10月、2017年5月、7月、テルデックス・スタジオ(ベルリン)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.