こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

NHKレジェンド・シリーズ6~初出!カラヤン&ベルリン・フィル1966年来日公演(その2)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年04月25日 15:00

カラヤン

NHKレジェンド・シリーズ第5弾に続き第6弾もカラヤンとベルリン・フィル1966年の来日公演をお届けします。東京でのベートーヴェン交響曲連続演奏会後、2週間で札幌、大阪、岡山、松山、福岡などをまわり再度東京文化会館での公演で締めくくりました。今回そのなかから、前回以外の4枚を発売いたします。日本各地を熱狂させた記録、ご期待ください。
*古い音源を使用しているため、テープ劣化によるお聴き苦しい点もございます。予めご了承下さい。
(キングインターナショナル)

 

カラヤン

超感動!
カラヤン&ベルリン・フィルたった一度の札幌公演

KKC2184(CD)
STEREO
日本語帯・解説付

東京でベートーヴェンの交響曲連続演奏会を終えたカラヤンとベルリン・フィルは仙台、北海道を回りました。後にも先にもただ一度きりの両者によるその札幌公演の音がステレオで残されていました。曲はカラヤン十八番のシューベルトの「未完成」とブラームスの交響曲第2番。「未完成」では弱音の緊張感と雄弁さに脱帽、ブラームスは低い重心のドイツ的な響きから、フィナーレの高らかな盛り上がりまでカラヤンの演出の魔術に酔わされます。当時の北海道の音楽ファンの興奮ぶりもリアルに伝わってくる貴重な記録です。
(キングインターナショナル)

札幌公演
シューベルト:交響曲第8 番ロ短調D.579「未完成」
ブラームス:交響曲第2 番ニ長調Op.73
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィル
録音:1966年4月19日/札幌市民会館(ライヴ)

カラヤン

美しさに酔いしれる
カラヤン&ベルリン・フィルのドヴォ8とドビュッシー

KKC2185(CD)
STEREO
日本語帯・解説付

カラヤンとベルリン・フィルは1966年4月24日に岡山で演奏会を行ないましたが、実業家の大倉總一郎氏の強い希望で実現したとされます。当日の演目は得意としたドヴォルザークの交響曲第8番と、ベルリン・フィルの精妙なアンサンブルが神業的なドビュッシー。ドヴォルザークは変幻自在で、第3楽章の語り口の巧さは絶品。誰もが引きこまれてしまいます。。
(キングインターナショナル)

岡山公演
ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調Op.88
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
同:交響詩「海」
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィル
録音:1966年4月24日/岡山市民会館(ライヴ)

カラヤン

カラヤンの魔術に酔わされる3曲

KKC2186(CD)
STEREO
日本語帯・解説付

カラヤンとベルリン・フィルは1966年の来日公演の際、バッハのブランデンブルク協奏曲第6番を披露しましたが、ヴィオラ以下の中低弦楽器のみの地味な音色ながら、むしろベルリン・フィルの均一な音色によりひとつの楽器のようでありながら、半拍ずつ遅れるカノンにより不思議な音響世界を作り出しています。カラヤンのチェンバロも貴重。ブラームスとドヴォルザークもカラヤンの魔術にあふれた凄すぎる演奏。「新世界」は終始堂々と大きな音楽で、曲の素晴らしさをあらためて実感できます。
(キングインターナショナル)

松山、福岡公演
(1) J.S. バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調BWV1051
(2)ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲Op.56a
(3)ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調Op.95「新世界より」
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィル
録音:1966年4月26日/松山市民会館(1)(2)、4月28日/福岡市民会館(3)(ライヴ)

カラヤン

カラヤン&ベルリン・フィル
1966年ツアー最後を飾った「英雄の生涯」

KKC2187(CD)
STEREO
日本語帯・解説付

カラヤン& ベルリン・フィル1966年日本ツアーは5月3日の東京文化会館公演で千秋楽となりました。その時の録音が当ディスク。弦楽とホルンのみのモーツァルトのディヴェルティメント第15番と、大編成のオーケストラによるリヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」。ことに「英雄の生涯」はツアー最後とあって白熱し、稀代の名演と伝説になりました。コンサートマスターのシュヴァルベのソロも見事で、ベルリン・フィルの名人芸満載で、長大な作品を息もつかせずに聴き通させてくれます。
(キングインターナショナル)

東京公演(千秋楽)
モーツァルト:ディヴェルティメント第15番変ロ長調K.287
リヒャルト・交響詩「英雄の生涯」Op.40
ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィル
録音:1966年5月3日/東京文化会館(ライヴ)