こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ハーディング&ベルリン・フィルによるオルセー美術館で行われた『ヨーロッパコンサート2019 from パリ』の映像が登場!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年09月11日 00:00


[EuroArtsChannel 公式チャンネルより]

パリのオルセー美術館で行われた
2019年ベルリン・フィルのヨーロッパコンサート
ダニエル・ハーディング指揮、ソリストにブリン・ターフェル


ベルリン・フィルの創立記念日5月1日に毎年行われている、ベルリン・フィルのヨーロッパコンサート。ヨーロッパ各地のホールや歴史的建造物を巡る形で行われており、夏のヴァルトビューネ・コンサートよりも本格的なプログラムで、美しい建物や街で行われるコンサートは、多くの音楽ファンに支持されているコンサートの一つでもあります。

2019年は、ダニエル・ハーディング指揮のもと、パリのオルセー美術館。ターミナル駅を改装した建物で、名物の美しい大時計がその面影を残します。
パリ管の指揮者も務めるハーディング。ベルリン・フィルのヨーロッパコンサートには初登場となります。繊細かつ濃厚な巧みなプログラミングによって、パリの聴衆を魅了しました。

演目も、印象派の作品が多く展示されているオルセー美術館にちなみ、ドビュッシーの曲に加え、ベルリン・フィルとは18年ぶりの共演となる、ブリン・ターフェルをソリストに迎え、ワーグナーの《ワルキューレ》からヴォータンの告別「さようなら 勇ましいわが子」と「魔の炎」を演奏会形式で上演されました。
(キングインターナショナル)

『ヨーロッパコンサート2019 from パリ』
【収録内容】
ワーグナー:舞台神聖祭典劇《パルシファル》~「聖金曜日の不思議」
ベルリオーズ:歌劇《トロイアの人々》~「王の狩りと嵐」
ドビュッシー(エーリッヒ・ラインスドルフ編):歌劇《ペレアスとメリザンド》組曲(抜粋)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
ベルリオーズ:劇的交響曲「ロメオとジュリエット」~ 愛の場面
ワーグナー:楽劇《ワルキューレ》~「さようなら 勇ましいわが子」「魔の炎」
ワーグナー:楽劇《トリスタンとイゾルデ》~「イゾルデの愛の死」

ボーナス:
ブリン・ターフェルのインタビュー、オルセー美術館の紹介

【演奏】
ダニエル・ハーディング(指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
ブリン・ターフェル(バス=バリトン)

【収録】
2019年5月1日 、パリ、オルセー美術館(ライヴ)

ブルーレイ

[国内仕様盤は日本語帯・解説付き]
画面:Full HD,16:9
音声:PCM ステレオ、DTS-HD MA5.1
リージョン:All
103分
字幕:本編/ 英語・韓国語・日本語
ボーナス/ 英語

 

DVD

[国内仕様盤は日本語帯・解説付き]
画面:NTSC,16:9
音声:PCM ステレオ、DD5.1、DTS5.1
リージョン:All
103 分
字幕:本編/ 英語・韓国語・日本語
ボーナス/ 英語