こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

『Diner ダイナー』Blu-ray&DVD、1月22日発売。主演:藤原竜也×監督:蜷川実花。全員殺し屋の"食堂"が舞台の極限エンターテインメント

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2019年10月18日 12:10


© 2019
「Diner ダイナー」製作委員会


映像化不可能と言われた平山夢明による原作小説『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)を藤原竜也主演で蜷川実花が実写映画化。各界のトップクリエイターたちが蜷川実花の世界観を表現。圧倒的映像美と豪華キャストが競演した未体験サスペンスが遂にパッケージに。




 

<映像特典>
■豪華版
スペシャルメイキング、PRスポット集、舞台挨拶集

■通常版
スペシャルメイキング、PRスポット集

<封入特典>※豪華版限定
ブックレット

※仕様・特典等は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

【ストーリー】
殺し屋専用の食堂<ダイナー>を取り仕切る、天才シェフ=ボンベロ(藤原竜也)。自身もかつては殺し屋だったが、その料理の腕前は本物。彼が生み出す極上の料理には、殺し屋達も魅了される。

ある日、ボンベロがひとりで切り盛りするダイナーにウェイトレスとしてやって来たオオバカナコ(玉城ティナ)。友達ひとりいない孤独な人生を送って来たカナコは、カウボーイ(斎藤工)とその恋人ディーディー(佐藤江梨子)の募集する怪しいバイトに手を出したばかりに、ギャング組織のブタ男(金子ノブアキ)に殺される寸前……のところをダイナーへ身売りされたのだ。皿の置き方ひとつでウェイトレスが消されることも日常なこのダイナーで、絶対的な王として君臨するボンベロだったが、彼女の存在で殺し屋同士の暗黙のルールが崩れていく。

そして来店する最狂の殺し屋軍団。心優しくトラウマを抱えたスキン(窪田正孝)、見た目は子供でも残忍なキッド(本郷奏多)、ラテン筋肉系ブロ(武田真治)、昆虫をこよなく愛するマテバ(小栗旬)、血の気の多いマリア(土屋アンナ)、美しい殺しにこだわる無礼図(真矢ミキ)、そして”殺しはビジネス“なコフィ(奥田瑛二)。この世で最も危険で美しい”殺し合いゲーム“が幕を明ける――。

【キャスト】
ボンベロ:藤原 竜也
オオバカナコ:玉城 ティナ
スキン:窪田 正孝
キッド:本郷 奏多
ブロ:武田 真治
カウボーイ:斎藤 工
ディーディー:佐藤 江梨子
ブタ男:金子 ノブアキ
マテバ:小栗 旬
マリア:土屋 アンナ
無礼図:真矢 ミキ
コフィ:奥田 瑛二

【スタッフ】
原作:平山 夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤 ひろひと 杉山 嘉一 蜷川 実花
音楽:大沢 伸一
主題歌:DAOKO × MIYAVI「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川 実花