こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

石本裕子~『PIONEERS 先駆者たち - 女性作曲家たちのピアノ曲集』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年08月05日 00:00


[Grand Piano 公式チャンネルより]

18世紀から現代までに於いて、女性作曲家たちがどのような活動をしてきたかを探るアルバム。
クララ・シューマンやエイミー・ビーチ、三宅榛名など良く知られた女性たちの作品から、最近注目が高まるドーラ・ペヤチェヴィチ、セシル・シャミナードの作品までを紹介するだけでなく、フリードリヒ大王(プロイセン王)フルート・ソナタを献呈したことで知られるイタリアのアンナ・ボンを始め、マルティヌーに師事したヴィーチェスラヴァ・カプラーロヴァー、「乙女の祈り」1曲のみが知られるテクラ・バダジェフスカ(テクラ・ボンダジェフスカ=バラノフスカ)、そしてほぼ歴史に埋もれてしまった他の女性たちの作品が随所に散りばめられたこのアルバムは、ピアニスト、石本裕子の長年の研究結果が反映される興味深い1枚に仕上りました。
石本は各々の女性作曲家たちの生涯を丹念に辿りながら、その作品を愛情を込めて奏でています。
(ナクソス・ジャパン)

『PIONEERS 先駆者たち - 女性作曲家たちのピアノ曲集』

【曲目】
1. ドーラ・ペヤチェヴィチ(1885-1923):BLUMENLEBEN 花の一生 Op.19-No.5 ばら(1904-1905)
2. セシル・シャミナード(1857-1944):ワルツ・カプリース Op.33(1885頃出版)
3. アンナ・ボン(1739頃-1769以降):ソナタ 変ロ長調 Op.2 No.2(1757出版)
4. クララ・シューマン(1819-1896):3つのロマンス Op.21-No.1 イ短調(1853-55)
5. アガーテ・バッケル=グロンダール(1847-1907):3つの小品 Op.15 No.3 フモレスケ ト短調(1882出版)

エイミー・ビーチ(1867-1944):
6. 前夜祭のチャイロツグミ Op.92 No.1(1921)
7. スコットランドの伝説 Op.54 No.1(1903)

8. エマ・コダーイ(1863-1958):VALSES VIENNOISES ウィーン風ワルツ(1925頃)

リリー・ブーランジェ(1893-1918):ピアノのための3つの小品(1914)
9. No.1. D’un vieux jardin 古い庭で
10. No.2. D’un jardin clair 明るい庭で
11. No.3. Cortège 行列

シキーニャ・ゴンザーガ(1847-1935):
12. CANANÉA, VALSA カナネア、ワルツ(ピアノ編)(1900頃)
13. ÁGUA DO VINTÉM ヴィンテムの水(1897頃出版)

14. バッケル=グロンダール:3つのピアノ小品 Op.35 No.2 アルバムの一葉(1894出版)
15. テクラ・バダジェフスカ(1834-1861):良い夢を(マズルカ)(1863出版)
16. フローレンス・ベアトリス・プライス(1887-1953):ピアノ・ソナタ ホ短調-II.ANDANTE(1932出版)

タチアナ・ニコラーエワ(1924-1993):子供のためのアルバム Op.19より(1958)
17. No.1. 行進曲
18. No.2. 音楽箱
19. No.3. 古いワルツ

20. ヴィーチェスラヴァ・カプラーロヴァー(1915-1940):DUBNOVÁ PRELUDIA 4月の前奏曲 Op.13 No.2-ANDANTE(1937)

21. 三宅榛名(1942-):北緯43度のタンゴ(2019 ピアノ・ヴァージョン)

【演奏】
石本 裕子(ピアノ…Steinway,モデルC)

【録音】
フェニックス・スタジオ、 ブダペスト、ハンガリー
2019年6月1-3日…1-2
2019年6月1-3日、7月15-16日…3-12
2019年7月15-16日…13-21

<石本 裕子(いしもとひろこ)>
札幌生まれ。5歳より遠藤道子氏に師事。桐朋学園を経て、ニューヨーク・ジュリアード音楽院でバルトークの高弟、ジェルジ・シャーンドルに師事。卒業後、1990年には札幌に於いてバーンスタインが提唱した第1回PMFに参加。1992年~2002年まで桐朋学園短大部音楽科講師を務めた後、2002年よりハンガリー、ブダペスト在住。ハンガリーを拠点にリサイタルを開催するとともに、さまざまな活動を広げ、教育にも力を入れています。2011年から2015年までは東日本大震災の影響を受けた子供たちのためのコンサートを行い、ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)の一員として活躍。2015年より、WANのWebサイトにてエッセイ「陽の当たらなかった女性作曲家たち」を連載。これまでに、エッセイにまつわるコンサートを各地で開催し好評を博しています。