こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

正規盤登場!クレンペラー&フィラデルフィア1962年ステレオ・ライヴ(UHQCD、2タイトル)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : BEETHOVEN 2020

掲載: 2020年08月17日 00:00

クレンペラー

待ちに待った正規盤登場!
クレンペラー フィラデルフィア管、客演ライヴ1962
全ステレオ録音。当レーベル初の《UHQCD》!

 

10年以上の交渉がやっと実を結びました。特にアメリカのオーケストラは自らの歴史的演奏や録音に関心がなく、関心がないばかりか出版には非常にネガティヴです。クレンペラーの最後のアメリカ訪問となった1962年のフィラデルフィア管との一連のライヴは多くの音質最悪の海賊盤からもオリジナルはステレオ録音であることが確認されており、これらがオリジナルの音質で聞けたならとファンは歯痒く思ったものでした。
実際に入手したフィラデルフィア管アーカイヴの録音は、全てステレオで音質鮮明。分離も素晴らしくクレンペラー拘りのヴァイオリン左右両翼。低弦は左側のサウンドが手に取るように分かります。しかし、ホールのアコースティックは超デッド。これは実際にアカデミー・オヴ・ミュージックにいらっしゃった方ならお判りでしょうが、昔ならではのホールトーンです。響きがない分ごまかしが効かないホールなのでしょう。
オーマンディの招きで客演をOKしたクレンペラーはフィラデルフィアのみならずアメリカ各地で演奏しております。
今回のリリースはフィラデルフィアでの2公演分で、第一回公演の「田園」「英雄」プログラムの音質だけがリリースに適せず見送られました。ニューヨーク、ワシントン、ボルティモアの演奏を只今鋭意探索中です。
1962年のクレンペラーは体力気力が充実と見えて、鉄槌を下すような強烈な拍節感。「エグモント」で頭が下がります。ブラ3の迫力とダンディズム。シューマンのシリアス。バッハの煌びやかで楽しい演奏。「ジュピター」の華麗で全世界を俯瞰してしまうようなスケールの大きさも最高。十八番のベト7もライヴが少ないのでずんずんと盛り上がる当盤は必携の名演。フィラデルフィア管自慢の木管のチャームと妙技。オーケストラの魅力もちゃんと生かして聞かせるのが巨匠で見事なものです。UHQCDで万全の音質で正規発売となります。

<参考>Klemperer with Philadelphia Orchestra

Oct. 19-20 (Philadelphia), 23 (Carnegie Hall), Nov. 13 (Constitution Hall, Washington, DC), 14 (Lyric Theatre, Baltimore), 1962
BEETHOVEN Symphony No. 6 (“Pastoral")
BEETHOVEN Symphony No. 3 (“Eroica")
 
Oct. 26-27 (Philadelphia), Nov. 6 (Philharmonic Hall, NY), 1962
BEETHOVEN Overture to Egmont
BRAHMS Symphony No. 3
SCHUMANN Symphony No. 4
 
Nov. 2-3, 5 (Philadelphia), 20 (Philharmonic Hall, NY), 1962
BACH Brandenburg Concerto No. 1
MOZART Symphony No. 41 (“Jupiter")
BEETHOVEN Symphony No. 7
(東武ランドシステム)

ベートーヴェン: 「エグモント」序曲、ブラームス: 交響曲第3番、シューマン: 交響曲第4番
オットー・クレンペラー(指揮)フィラデルフィア管弦楽団
TBRQ 9000(UHQCD)

クレンペラー

(1)ベートーヴェン:「エグモント」序曲
(2)ブラームス:交響曲第3番
(3)シューマン:交響曲第4番
(演奏タイミング)
(1)9:47/(2)13:32/8:14/6:02/9:39
(3)11:02/4:00/5:29/7:46

オットー・クレンペラー(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団
録音:1962年10月27日アカデミー・オヴ・ミュージック
(ライヴ録音・ステレオ)

J.S.バッハ: ブランデンブルク協奏曲第1番、モーツァルト: 交響曲第41番「ジュピター」、ベートーヴェン: 交響曲第7番
オットー・クレンペラー(指揮)フィラデルフィア管弦楽団

TBRQ 9001/02(UHQCD2枚組)

クレンペラー

(1)バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番
(2)モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」
(3)ベートーヴェン:交響曲第7番
(演奏タイミング)
(1)4:45/5:00/5:31/8:52
(2)13:11/9:15/4:50/8:30
(3)13:23/9:43/8:18/8:16

オットー・クレンペラー(指揮)
フィラデルフィア管弦楽団
録音:1962年11月2日アカデミー・オヴ・ミュージック
(ライヴ録音・ステレオ)