こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

カティア&マリエル・ラベックによるフィリップ・グラス『恐るべき子供たち』(リースマン編)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2020年09月08日 00:00


[Deutsche Grammophon I Trailers and Interviews公式チャンネルより]

世界的なピアノ・デュオが二人にとって特別な作曲家の作品を演奏した最新アルバム
カティア&マリエル・ラベック~フィリップ・グラス:恐るべき子供たち

フランスの姉妹ピアノ・デュオ、カティア&マリエル・ラベックは息の合ったエネルギッシュな演奏で知られ、クラシックの古典的レパートリー、現代作品のどちらもこなして世界中で華々しい活躍を続けています。オリヴィエ・メシアン、ルチアーノ・ベリオ、ジェルジュ・リゲティ、ピエール・ブーレーズらの作品を経て、昨年は二人のために特別に書かれたルイ・アンドリーセン、フィリップ・グラス、ブライス・デスナー、トム・ヨーク、そしてニコ・マーリーの作品を演奏しました。今回のアルバムはフィリップ・グラスに焦点を当てています。グラスの音楽は以前『2台のピアノのための二重協奏曲』を献呈されて以来、二人にとって特別なものとなっています。グラスはジャン・コクトーの小説に書いた歌劇『恐るべき子供たち』を二人のために改作しようと思いつき、グラスの曲の編曲を長年手がけているマイケル・リースマンにピアノ・デュオへの編曲を依頼しました。
(ユニバーサルミュージック/IMS)

収録予定
フィリップ・グラス:
1-11)『恐るべき子供たち』(マイケル・リースマンによるピアノ・デュオ編)(1. Overture / 2. Paul is Dying / 3 The Somnambulist / 4. She Slapped Me / 5. They Lived Their Dream / 6. Terrible Interlude / 7. Cocoon of Shawls / 8. Lost / 9. Are You In Love, Agathe? / 10. She Took the Path / 11. Paul’s End)、12) エチュード第17番、13) エチュード第20番

【演奏】カティア・ラベック(1-11、13)、マリエル・ラベック(1-12)(ピアノ)
【録音】2020年、フランス、Studio La Fabrique des Ondes