こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

桑原あい|通算10枚目にして初となる全編ソロ・ピアノ・アルバム

タグ : J-JAZZ

掲載: 2021年01月05日 19:33

桑原あい

2012年のジャズ・シーンに衝撃をもたらしたデビューから、通算10枚目(企画盤含む)にして初となる全編ソロ・ピアノ・アルバム。

持ち前の豊かな表現力を最大限に引き出す、ジャンルの垣根を超えた名曲のカヴァーを中心に収録。これまでのキャリアを俯瞰しつつ、ピアニストとしての新境地に立ち、これからのキャリアを予感させる作品となっています。

カヴァー曲のうち5曲は、桑原あいの音楽を愛する方々にリクエストを依頼して録音。シシド・カフカ、立川志の輔、山崎育三郎、社長 (SOIL &“PIMP” SESSIONS)、平野啓一郎 (アルバム収録順)の計5名がセレクトした多彩な楽曲が、桑原のアレンジにより奏でられます。

録音は、クラシック・コンサート専用ホール「東京オペラシティ リサイタルホール」にて実施。3日間ステージ上のピアノと対峙して紡ぎ出した渾身の演奏を、素晴らしい響きとともに真空パックしています。

アルバム・ジャケットには、オランダの著名な写真家、ヘレン・ファン・ミーネの作品を採用。10年以上前にロシアで撮影されたもので、奥行きのある作品の世界観が表現されています。

 

【収録曲】
01. ニュー・シネマ・パラダイス
New Cinema Paradise
作曲:アンドレア・モリコーネ/エンニオ・モリコーネ

02. リヴィン・オン・ア・プレイヤー
Livin’ On A Prayer 
シシド・カフカ 選曲
作曲:ジョン・ボン・ジョヴィ/リッチー・サンボラ/
デスモンド・チャイルド

03. レオノーラの愛のテーマ
Leonora's Love Theme 作曲:アストル・ピアソラ

04. ロロ
Loro 作曲:エグベルト・ジスモンチ

05. ワルツ・フォー・デビイ
Waltz For Debby
立川志の輔 選曲
作曲:ビル・エヴァンス/ジーン・リース

06. 星影のエール
山崎育三郎 選曲 作曲:GReeeeN

07. ゴーイング・トゥ・ア・タウン
Going To A Town 作曲:ルーファス・ウェインライト

08. ミスハップス・ハプニング
Mishaps Happening 
社長(SOIL&“PIMP” SESSIONS) 選曲
作曲:ウィリアム・ホランド

09. エヴリシング・マスト・チェンジ
Everything Must Change 
平野啓一郎 選曲
作曲:ベナード・アイグナー

10. ザ・バック
The Back 作曲:桑原あい

11. デイドリーム・ビリーヴァー
Daydream Believer 作曲:ジョン・スチュワート

桑原あい:piano
2020年11月12日~14日、東京オペラシティ リサイタルホールにて録音

【桑原あい】
1991年生まれ。洗足学園高等学校音楽科ジャズピアノ専攻を卒業。
これまでに9枚のアルバムをリリースし、JAZZ JAPAN AWARD2013アルバム・オブ・ザ・イヤー、第26回ミュージック・ペンクラブ音楽賞、JAPAN TIMES上半期ベスト・アルバム(ジャズ部門)など受賞多数。またモントルー・ジャズ・フェスティバルや東京JAZZ、アメリカ西海岸ツアーなど国内外を問わずライブ活動を精力的に行う。その他テレビ朝日系報道番組「サタデーステーション」「サンデーステーション」のオープニングテーマ、J-WAVE「STEP ONE」のオープニングテーマなどその活動は多岐にわたる。
2018年8月発売のユニバーサル移籍後初となるオリジナルアルバム『To The End Of This World』がCDショップ大賞を受賞、また世界的プレイヤーであるスティーヴ・ガッド、ウィル・リーとのトリオで2枚のリーダーアルバムをリリースするなど、今もっとも注目を集めるジャズ・ピアニスト。
2019年8月、に全編ディズニー楽曲のカバー・アルバム「My First Disney Jazz」をWalt Disney Recordsよりリリース。