こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ソッリマによる世界初録音!ギトリスに捧げられた終楽章をもつチェロ協奏曲『コンチェルト・ビザンチノ』

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2021年01月26日 00:00

ソッリマ

当代屈指の鬼才ジョヴァンニ・ソッリマ見参!
21世紀イタリアの傑作コンチェルト・ビザンチノ!

北イタリアの都市トレントの出身で、近年急速に注目を集めている気鋭のコンポーザー=チェリストであり楽器製作者、ニコラ・セガッタが自らの師であるジョヴァンニ・ソッリマのために作曲した意欲作「コンチェルト・ビザンチノ」の世界初録音!ソリストはもちろん、作品を献呈されたイタリアを代表するチェロの鬼才、ジョヴァンニ・ソッリマ!!
チェロ独奏をジョヴァンニ・ソッリマが務めた宗教オペラ「イコン」の成功により、次代のイタリア楽壇を担う音楽家の1人として大きな注目を集める存在となったセガッタ。師匠のソッリマに捧げた渾身のチェロ協奏曲の舞台は、東洋と西洋の理想的な架け橋であり、人類の頭脳の中で何千年にもわたって対話が続けられてきた2つの半球を象徴する見えざる空想上の都市「ビザンチウム」。3楽章で構成される「コンチェルト・ビザンチノ」の第1楽章「パラジャーノフ」は、アルメニア人映画監督セルゲイ・パラジャーノフと彼の代表作である「ざくろの色」から名付けられています。続く第2楽章「アヴェ・マリア」は、ビザンチンとコルシカの聖歌にインスパイアされ、ロザリオの祈りのように繰り返される協奏曲の緩徐楽章。そして作品の掉尾を飾る第3楽章「イヴリー」は、1990年に東京で行われた偉大なヴィルトゥオーゾ、イヴリー・ギトリスのヴァイオリンによる即興演奏からヒントを得ています。タイトルはギトリスに捧げられたもので、「ユダヤ人」と「酩酊」(フランス語のイヴレから)という2つの形容詞の両方を意味し、この音楽の性格を表しています。
その構想にソッリマが太鼓判を押し、7年という歳月を経て実現した「コンチェルト・ビザンチノ」のレコーディング。壮大なスケールで描かれる「コンチェルト・ビザンチノ」の映画音楽的なスタイルと、ソッリマの変幻自在の超絶技巧が見事にマッチ!21世紀イタリアの新たな傑作と、イタリアの鬼才の超絶技巧を一緒に楽しめてしまうという贅沢かつ要注目のアルバムの登場です!
(東京エムプラス)

【曲目】
セガッタ:チェロとオーケストラのための《コンチェルト・ビザンチノ》(世界初録音)【演奏】
ジョヴァンニ・ソッリマ(チェロ)
マルチェロ・フェーラ(指揮)
ラ・ピッコラ・オルケストラ・ルミエーレ
【録音】
2020年1月22日-23日、グスタフ・マーラー文化センター(ドッビアーコ、イタリア)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説書日本語訳(翻訳:TEXTRAVAUX)&日本語曲目表記オビ付き]