こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

佐々木久美|アルバム『ソウル・サウンド・オン・ビクトロン (ふるさとの旅)』が2021年リマスタリング仕様で8月18日タワレコ限定発売

タグ : タワー限定 リイシュー

掲載: 2021年07月29日 17:15

佐々木久美

1986年から山下達郎のバンドで30年近くコーラスを務め、大野雄二& ルパンティック・ファミリーであるFujikochansでの活動や、MISIA、SMAP、UA、EXILE、松任谷由実、上田正樹など様々なアーティストのサポート、その他、数々のアニメ、CMの音楽などでも歌ってきた佐々木久美(victron)のキャリアの原点となるファーストアルバムが2021年リマスタリング仕様、タワーレコ―ド限定販売にて初CD化。

ビクトロン(ビクターのオルガン)の最年少プロ・プレイヤーだった佐々木久美が日本の民謡をソウル・ジャズ・スタイルで演奏するというコンセプトのインスト作品で、テーマこそ古典だが、タイトに躍動するリズムも現代的、ソロや「うわもの」も実にアグレッシヴ&グルーヴィーで、DJ MUROも紹介した"黒田節"、"佐渡おけさ"をはじめ、和モノ・レア・グルーヴ、ブレイク・ビーツとしても再評価されている。五輪真弓、泉谷しげるなどとの活動でも知られる入江寛(b)と、柳ジョージ&レイニーウッドのメンバーでもあった四ツ田ヨシヒロ(ds)は、アルバトロス以前からリズム・セクションを組んでいた仲であり、実に素晴らしいコンビネーションを見せている。ウエスト・ロード・ブルース・バンド、ソー・バッド・レビュー、チキンシャックなどを経て、デイヴィッド・T・ウォーカー、ジェイムズ・ギャドソンらとバンド・オブ・プレジャーを結成、渡米後、ニュー・オリンズのワイルド・マグノリアスなどでも活動する山岸潤史(g)、松任谷由実、サザンオールスターズ、中島みゆき、角松敏生など大物アーティストのサポートやティンパンアレイ、パラシュート、AKA-GUY、NOBU CAINEなどにも参加してきた斉藤ノヴ(perc)、シュガー・ベイブ解散後の山下達郎のソロライヴへの参加や坂本龍一の後任としてりりィ&バイバイ・セッション・バンドに参加、『ロフト・セッションズ VOL・1』(1978)や、伊藤銀次『デッドリイ・ドライブ』(1979)収録の"こぬか雨"(作詞: 伊藤銀次、山下達郎 作曲:伊藤銀次)での演奏などでも知られる緒方泰男(key)など、素晴らしいミュージシャンたちが参加。

解説・監修:金澤寿和(http://lightmellow.livedoor.biz
(オリジナル発売:1977年/ ビクター音楽産業株式会社 / SJV-1329)

Arranged by 入江寛

[参加ミュージシャン]
佐々木久美(victron)
入江寛(b)
山岸潤史(g)
四ツ田ヨシヒロ(ds)
斉藤ノヴ(perc)
緒方泰男(key)


収録内容

01. 佐渡おけさ (新潟県民謡 編曲:入江寛)
02. 黒田節 (福岡県民謡 編曲:入江寛)
03. 谷茶前節 (沖縄県民謡 編曲:入江寛)
04. ソーラン節 (北海道民謡 編曲:入江寛)
05. おてもやん (熊本県民謡 編曲:入江寛)
06. 斉太郎節 (宮城県民謡 編曲:入江寛)
07. 花笠音頭 (山形県民謡 編曲:入江寛)
08. 木曾節 (長野県民謡 編曲:入江寛)
09. ドンパン節 (秋田県民謡 編曲:入江寛)
10. 炭坑節 (福岡県民謡 編曲:入江寛)
11. 安里屋ユンタ (沖縄県民謡 編曲:入江寛)
12. 中国地方の子守唄 (作曲:山田耕筰 編曲:入江寛)